千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

防災リフォーム

耐震補強のポイントと注意点

2011年3月に発生した東日本大震災。まだまだ私達の記憶に鮮明に残っています。日本国内だけではなく、世界中の人があの惨劇を目の当たりにし、心に焼き付いていることでしょう。そんな中、住宅の耐震性に注目が集まっています。木造住宅はもちろんのこと、マンションやビル、さらには大型施設に関しましても耐震対策が急務となっています。

日本では新耐震設計基準が設定されており、これを満たしていない新たな建造物を建てることは出来ません。しかし新耐震設計基準を満たしているからといって完全に安心することが出来るとは限りません。建築をしてから何度も襲ってくる地震、台風など、様々な自然災害の影響によって、徐々に耐震性も衰えてきてしまいます。また住宅に限ったことではなく、地盤や塀などといった場所に関しても危険があります。このことから、今一度耐震診断を受けることをオススメします。 耐震診断では、住宅だけではなく、これら地盤や塀なども総合的に診断していきますので、全体の耐震性をチェックすることが出来ます。

耐震補強をする前に、自分でどの程度の耐震性があるのかを簡易的に確認することが出来ます。国土交通省のホームページでは、「我が家の耐震診断ポイント」というページを公開していますので、これを参考にして自分なりの診断をしてみてください。もちろんはじめから専門の業者に依頼しても構いません。ただし一つ注意をしなければいけないことがあります。最近のリフォーム会社の中には、突然自宅にまで訪問してきて、ほとんどチェックすることなく「お宅の状況を見るとちょっとした地震でも崩壊してしまう可能性があります。すぐにでもリフォームされることをオススメします」と自社のリフォームを売り込んでくるケースがあります。

耐震性はちょっとの確認だけで診断することが出来るものではありません。いい加減なことを言うリフォーム会社の口車にのせられないように気を付けましょう。

千葉リフォームブログ関連記事:
自宅を地震に強い住宅にする為には
耐震強度を増すためのリフォーム

台風に備えたリフォームを

本日は、台風に備えたリフォームについて色々ご紹介させて頂きます。

日本列島には毎年のように大型台風が上陸し、家や農作物に多大な危害を加えています。
住宅においては、大雨による浸水と強風による屋根の被害が代表的な例になります。また最近では局地的豪雨によって台風同様の被害が、全国各地で多発しています。
いつどこで豪雨が発生するか分からない時代となってきています。そのため、日頃から万が一に備えて、家の状態や防災対策に万全の体制を整えていた方が安心です。

台風などの被害で恐れておかないといけないことに、自分の家の屋根や雨戸が飛んで行って、他人に被害を加えたり、他人の家や車に被害を加えることです。屋根がただ飛んで行くだけなら、自分の家の問題だけで済みますが、他人に迷惑をかけると大変なことになります。そうならないためにも、屋根や建物の点検を10年以上行っていない方は、一度点検される方が安心といえるでしょう。

実際の台風被害で多い事例に、屋根の「棟板金」の破損があります。強風で棟板金が外れて、飛んでいき隣の住宅の窓を割ったり、車にぶつかったりする例はよくあります。
棟板金は、「貫」という木材に釘で打ち付けて固定しています。そのため貫が腐食していたりすると、釘が抜けて棟板金が外れてしまいます。
棟板金が飛んで行って危ないことはもちろんですが、雨漏りにもつながりますので、可能であれば事前に対処しておく方が安心です。基本的に屋根はどんな材料で施工していても、10年おきには定期点検しておいた方が安心です。

万が一、台風で屋根が破損した場合は、火災保険の「風災条項」を利用しましょう。
たいていの住宅は、火災保険に加入していると思います。その保険内容の中に、風災条項が設定されているケースがあります。これは風や強風による被害に対する保障や水の被害に対する保障を盛り込んだ内容になります。

台風の被害の場合は、風も水も関係してきますので、火災保険から補助が出るケースがあります。加入の条件などによって保険金額が異なりますので、まずは保険内容を確認することをお勧めします。

関連リフォーム記事:
自宅を地震に強い住宅にする為には
防災リフォームで知っておきたい事

自宅を地震に強い住宅にする為には

本日は、ご自宅を地震に強い住宅にする為にはどういった事が必要なのかをご案内致します。

このところ日本全国で地震が相次いでいます。2011年の3月に発生した東日本大震災の傷跡は今でも残っています。先の震災によって住宅の耐震性に関心を持ち始めた方も多いのではないでしょうか?日本の建築法では一定の耐震性が義務付けられており、その基準を満たしていなければ建物を建てることが出来ない決まりになっています。何度も法改正が行われ、今では過去最高基準の耐震性が求められるようになりました。

しかし法改正前に新築やリフォームをした自宅は、残念ながら今の耐震性を満たしていない可能性があります。もしかしたら東日本大震災のような大地震が起こってしまった時、貴方の自宅が倒壊してしまう恐れもゼロではありません。それを防ぐためにもやはり最新の耐震性を持つ住宅にリフォームをする必要があります。どんなに耐震性のある住宅にしても100%震災の被害に遭わないとは限りませんが、それでも現在想定される大地震でも倒壊しないことを基準をしているので、安全性は限りなく高いといえるのです。

「でも私の家が今の耐震基準を満たしているかわからない」と困っている方もいらっしゃるかと思います。ご安心ください。今では地域毎に窓口が設置されており、そこで相談をすることによって、ほとんどの場合無料で耐震性の診断をすることが出来ます。もしその診断において問題点が見つかった場合には、当サイトの様な口コミサイト等から良い情報を確認して、信頼のおけるリフォーム会社を見つける様にしましょう。

当たり前のことですが世の中は安全第一です。デザイン性や機能性を重視したリフォームも確かに大切なことですが、まず最初に考えなければいけないのは、耐震性や耐火性などといった防災に向けてのリフォームなのです。

震災はいつ襲ってくるか誰にもわかりません。後悔してからでは遅いのです。少しでも被害を最小限に収めるためにも是非ともリフォームに向けて行動されることをオススメします。

関連記事:
耐震強度を増すためのリフォーム
防災リフォームで知っておきたい事

千葉県内の戸建てリフォーム会社の口コミ情報
千葉市リフォーム会社口コミランキング >>



耐震強度を増すためのリフォーム

本日はご自宅の耐震対策に一番効果の高い、耐震強度を増す為のリフォームのご案内です。

日本は世界的に見ても地震の多い国で、今までも地震の被害にあってきました。
記憶に新しいのは、東日本大震災ですよね。東日本大震災では、地震のせいで多くの人が家屋を失い、命を失ってしまいました。
リフォームで耐震強度を増すことにより、今の家を地震に強い家に変えることができます。
どんなに古い家でも、狭い家でも、長年住んでいたような家でも、耐震強度を増すリフォームは可能です。

業者に頼めば、かなり本格的に耐震強度を増すことができます。
例えば、家のバランスが悪い等地震に弱い家になってしまいます。家のバランスを整えることにより、自信がきても揺れにくく崩れにくい家を作ることができるのです。弱い窓は強い窓にして、割れないようにリフォームしましょう。
屋根の重さが重いと、それだけでバランスが悪くなってしまいます。屋根が重いような場合は、屋根を軽くするリフォームを行いましょう。素人ではできないリフォームですが、業者に頼むことで軽い屋根が実現します。

軽い屋根ならば家の実体部分が強くなるので、大きな地震がきたような時でも上から崩れてしまう心配がなくなります。また、強い家にしたいならば柱を強くしていかなければなりません。
梁も強くすれば、地震にも耐えることのできる現代的な家にリフォームできるでしょう。

これらも、素人が自分たちでできるような内容ではありません。
日曜大工が幾ら得意でも、屋根を壊すことはできませんし柱や梁を強くすることなんて無理です。

業者に頼んで、家のどの部分がリフォームしなければならないか、地震に良くなっているかなど話をしましょう。古い家は、耐震強度がかなり弱くなっています。
長年住み続けていると、家がずれてしまうこともありますし、床が沈んでしまうこともあります。リフォームで、それらを改善していきましょう。

自分たちで耐震強度をましたいと思うのであれば、家具を固定する器具を購入しましょう。
それだけで、地震が起きたとき自分たちの身を守ることができます。

関連記事:
外壁の断熱リフォームのポイント
自宅を地震に強い住宅にする為には

耐震性の高いリフォームが評判のリフォーム会社ランキング
戸建て住宅リフォーム会社ランキング >>

防災リフォームで知っておきたい事

日本は地震大国と言われています。そんな国に住んでいるのですから、防災リフォームに注目しなければなりません。防災リフォームをする事で、安心の毎日を過ごすことができますし、安全を手に入れることができます。大切な家族を守ることも全てが防災リフォームの役目なのです。

屋根が重いと、それだけで家のバランスが悪くなってしまいます。屋根が重いと家の重心が高くなってしまい、衝撃で壊れやすくなってしまうのです。
地震が起きた時や台風がやってきた時、バランスの悪い家では災害の被害に遭ってしまう可能性があるので、防災リフォームで建物の強度をアップしましょう。補強金物を増やす事で、防災リフォームが可能です。金具を増やすとそれだけ結合部分を強くできて、建物を補強していくことができるのです。
また、地震が起きてしまった時のことを考えて、ガラスが飛び散らないよう工夫することも大切です。ガラスが飛び散ってしまうと、それだけで大きなけがの原因になってしまいます。ガラス飛散防止フィルムを使うことで、それらを予防することができるでしょう。
小さな子供がいる家では、特に気をつけていかなければなりません。
ちょっとした事が命取りになってしまうので、防災リフォーム際にはガラス飛散防止フィルムに注目です。

家具が倒れないように、転倒防止の防災グッズを購入することも大切です。それを取り付けるだけで、自分たちで防災リフォームが可能なのです。大きな家具の下敷きになってしまうと、大きなけがをしてしまうかもしれませんし、一人暮らしの場合助けを呼ぶことも難しくなってしまいます。耐震ロックのついている家具も、とても役立つと言われています。どのような家具かというと、地震を感知すると自動的に扉がロックされて、開かなくなるのです。振動で勝手に扉が開いてしまって、中から食器が落ちるようなこともなくなります。

災害はいつやってくるか分からないのですから、事前に意識して気をつけていかなければなりません。

関連記事:
自宅を地震に強い住宅にする為には
耐震強度を増すためのリフォーム