千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

水回りリフォーム

洗面所のリフォームの注意点

手軽にリフォームできて満足度の高いポイントに、洗面所があります。リフォームのチラシなどでも洗面所のリフォームは、安くPRされています。しかし、その値段ですべて終わるケースは少ないので注意です。確かに洗面台は60%オフなど格安になっているかもしれませんが、洗面台だけを変えてもリフォームの満足度は低いものです。

恐らく洗面台を交換したいと思うということは、洗面所の床や壁、天井も傷んできていると思います。またキャビネットなどの収納棚も収まりが悪くなって、使いにくくなっていると考えられます。そんな中で洗面台だけのリフォームを行うのは、ナンセンスです。どうせだったら、床や壁、天井、キャビネットもリフォームする方が、効率的と考えられます。リフォームの費用としては50万円から80万円程度で収まるケースが多いようです。
洗面台の大きさについては、今よりも大きい物の設置の方が好ましいケースが多いです。最近は電動歯ブラシや電動シェーバー、ドライヤーなど洗面所の周りにはたくさんの家電製品があります。それらをすっきりと収納しようと思うと、それなりの大きさが必要になります。
蛇口の形や照明の灯りにこだわって金額が上がるより、洗面台その物を大きいサイズにする方が効率的といえそうです。またドライヤーをした際にブレーカーが落ちるケースは、電気の増強工事も必要かもしれません。

床もリフォームする場合は、耐水性に優れているタイルなどもお勧めです。中でも塩ビ系のタイルは比較的安く、丈夫で、デザインも豊富になっています。東リなどのメーカーから販売されています。洗面所の壁をリフォームする場合は、タオルフックと手すりなどを考慮する必要があります。また洗面所は、お風呂の脱衣場を兼ねているケースも多いと思います。
機能的な収納と汚れた衣類の取り扱い性がポイントになってきます。このあたりは居住している人数や年齢層によって、いろいろと考えられると思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
理想的なキッチンリフォームを叶えるには
キッチンリフォームの際のメーカー選び

お風呂場の床のリフォームで抑えておきたい事

お風呂場の床のリフォームの際に注意すべき事や、抑えておきたいポイントについて本日はご紹介致します。

最近のユニットバスは、滑りにくいような加工がされていたり、水はけ性が向上しています。また床の衝撃吸収性もあり、万が一、お風呂で転倒しても安心できるお風呂となっています。漏水性も考慮された構造になっており、家にとっても安心のお風呂といえます。

しかし、一昔前のお風呂では、床につるつるのタイルやモルタルが使用されていました。 そのため床は滑りやすく、冬場は寒く、お風呂の環境は劣悪なものでした。また使用年数が長くなると、水漏れも起きやすく、家の傷みの原因にもなっていました。 そんな使い勝手の悪いお風呂を丸ごと入れ替えれば一番いいのでしょうが、費用的な問題からなかなかリフォームできないお家も多いようです。

お風呂の大きさなどにもよりますが、リフォーム費用は100万円以上するのが一般的なようです。そこでお風呂の床だけでも「つるつるのタイル張り」から変更すると、お風呂の環境がよくなります。

お風呂の床材は、タイル以外に発砲ビニルシートや樹脂ゴム板、アルミ加工シートなどがあります。価格や表面の質感、カラーが異なりますので、今のお風呂にあった物を選択するといいでしょう。中でも東リ製の「バスナフローレ・バスナアルティ」という床材は、多機能で「防滑性」「水はけ性」「接触温熱感」「衝撃吸収性」等を備えています。

工事期間は、2~3日程度で終わるのが一般的です。またタイルをはがした後の床面に、FRP防水加工を施すかどうかで工期は変わってきます。FRP防水加工を行った方が、漏水の心配がなく安心といえます。工事費用は、標準的なお風呂で6万円~8万円程度で完了できるようです。お風呂丸ごとのリフォームに比べるとリーズナブルに済みます。

お風呂の床についてのみお話してきましたが、もし給湯器や蛇口なども古ければ、合わせて交換することもお勧めします。たしかに交換費用はかかりますが、長い目で見れば水道代やガス代も低く抑えられてお得になります。

こういった水回りのリフォームに関しては、やはり評判の良いリフォーム会社さんにご相談される事をおススメ致します。

千葉リフォームブログ関連記事:
バスルームのリフォームで大事な事
トイレのリフォームでデザインを変える時に

悪質なリフォーム会社の手口

決して許されることではありませんが、リフォーム会社の中に悪徳行為をしている業者が潜んでいます。これらの業者の手口を予め知っておき、ひっかからないように防衛をするようにしてください。
まず悪徳業者の多くは訪問販売でリフォームを薦めてくるケースが圧倒的に多くなっており、訪問してくる時間帯の多くは旦那さんが仕事に出かけている昼間が多いようです。またマンションよりも一戸建てのご家庭を狙っています。さらに悪質なことに、老夫婦の自宅に訪問し、「すぐにリフォームをしなければ次に地震が起こった時に全壊しちゃいますよ」と脅しにも聞こえる謳い文句で契約を急がせるケースがあります。テレビの情報源を主にしているお年寄りにとって、どのような手口で悪徳業者がやってくるのかを知る手段は少ないのが現実です。頻繁にインターネットを利用している若者でしたら、今リフォームで詐欺行為をしている業者が多発していることはご存知でしょう。全く知識の無いお年寄りに対して「全壊しますよ」なんて言われたらすぐにでも契約をしようと、契約書にサインをしてしまいます。

このようにとにかく契約を急がせる傾向にあるのが悪徳業者の手口となります。そもそも契約というのはそうやすやすとサインをしてしまうものではありません。確かに契約書を全て読むには相当な時間がかかるでしょう。しかし後先のことを考えると、何時間何日かかったとしても、サインをする前に契約書を熟読することが大切なのです。

またご近所の方で実際にリフォームをされたことがある方がいらっしゃるのでしたら、そのリフォーム会社を紹介してもらうのも良いかと思います。もしくは当サイト等で取り上げている口コミ情報等を参考にされる事をおススメ致します。

関連記事:
リフォーム前の打ち合わせは重要です
壁紙リフォームでトラブルをおこさない為に

 

千葉市リフォーム会社