千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

戸建てリフォーム

リフォームと新築はどっちがお得?

今日のブログでは、新築とリフォームをするのではどちらがお得なのかをご紹介致します。

あまりにも住宅が衰えてしまうと、いわゆる大規模修繕工事が必要になってきます。家の周囲に足場を組み、まるで新築を建てているような工事風景となります。しかし、よくよく考えたら、そこまで大掛かりなリフォームをするよりも、一度全て壊して新築として建て直した方が安上がりになるのでは?と疑問に思います。確かにあまりにも老朽化が進んでしまい、家としての機能を完全に失ってしまっている状態の場合は、建て直しを選んだ方が良いでしょう。しかし多くの場合、建て直しよりもリフォームの方が予算を抑えることが出来ます。

建て直しとなると、まずは今の家を取り壊すという工程が必要です。もちろんこの工事にも費用が必要になってきます。そしてその時に出た廃材を処理する際にも費用が必要です。さらに、基礎工事のやり直しや、新しく家の材料を購入したりするとなると、リフォームよりも断然大きな金額が動くのは当然のことなのです。このことから、どんなに老朽化が進んでいたとしても、リフォームが可能かどうかをまずはリフォーム会社に相談をしてみることをオススメします。ほとんどの場合「可能です」と答えてくれるハズです。リフォーム会社の判断を仰ぎ、それでも無理なようでしたら新築を検討するか、またはマンションを購入したり、賃貸生活を始めたりといろいろと今後のことを考えて進めていくようにしましょう。

また新築となると様々な税金が発生してしまう可能性があります。さたに増築を考える方もいるかもしれませんが、もしかしたら増築が禁止されているエリアかもしれません。実は土地の問題で、エリアによっては増築を禁止している自治体があります。それが敷地内であっても対象となりますので、増築の場合には、事前に役場へ確認をするようにしてください。実際にリフォームが終わって後で禁止されていることがわかったのでは大きな損をしてしまうことになります。とにかくリフォームは情報収集を欠かさないようにしてください。

関連記事:
リノベーション工事のメリット
悪質なリフォーム会社の手口

千葉の信頼のおける住宅リフォーム会社を探すなら
千葉市戸建住宅のリフォーム会社ランキング >>

リフォーム前の打ち合わせは重要です

皆さん案外おろそかになってしまいがちなのが、リフォーム前の打ち合わせについてです。これがおろそかになってしまい、良いリフォームを行えなかったというお話を良くお聞きします。

例えばコンサートやイベントを想像してみてください。これら催し物というのは、企画や制作、そしてリハーサルにかける時間というのは本番の日数の数十倍~数百倍となります。つまりたった一日のコンサートを開催するためには、半年や一年といった準備が必要になってくるワケです。これはどんな仕事でも同様です。事前の準備を怠ってしまったら、本番でうまくいくワケがありません。よくコンサート関係ではこう言われます。「リハーサルは120%で本番は80%の力で行う」これは準備段階で限界以上のパフォーマンスをして本番では肩の荷を下ろしてリラックスをして実施しよう!っという意味です。それほど事前準備というのは非常に重要なことなのです。

さて前置きが長くなってしまいましたが、これはリフォームに関しても同じことが言えます。もちろんコンサートのように本番である工事をリラックスして中途半端ではいけません。しかし事前準備に関しましてはコンサートと同様です。つまり打ち合わせ段階ということになりますが、この打ち合わせをいい加減に進めてしまうと、納得のいく理想的なリフォームを完成させることは出来ません。打ち合わせはリフォーム会社の担当者と念入りに行うようにしてください。また打ち合わせでは貴方の意見を積極的に伝えるようにしてください。依頼主は貴方なのです。貴方はずっと住み続ける家なのですから、多少無理のありそうな要望だったとしましても、恥ずかしがらずに全て伝えるようにしてください。そして担当者と二人三脚でリフォームへ向けて準備を進めていきましょう。

そして打ち合わせの内容に勘違いが生じないように、打ち合わせで話していることは全てメモをするようにしてください。もし万が一リフォームで納得しない仕上がりになってしまった時、「打ち合わせではこうなるハズだった」と物的証拠になります。これは貴方だけではなく、リフォーム会社の担当者にも同じメモを取ってもらうようにしてください。

関連記事:
ナチュラルなマンションリフォーム
悪質なリフォーム会社の手口

自宅を地震に強い住宅にする為には

本日は、ご自宅を地震に強い住宅にする為にはどういった事が必要なのかをご案内致します。

このところ日本全国で地震が相次いでいます。2011年の3月に発生した東日本大震災の傷跡は今でも残っています。先の震災によって住宅の耐震性に関心を持ち始めた方も多いのではないでしょうか?日本の建築法では一定の耐震性が義務付けられており、その基準を満たしていなければ建物を建てることが出来ない決まりになっています。何度も法改正が行われ、今では過去最高基準の耐震性が求められるようになりました。

しかし法改正前に新築やリフォームをした自宅は、残念ながら今の耐震性を満たしていない可能性があります。もしかしたら東日本大震災のような大地震が起こってしまった時、貴方の自宅が倒壊してしまう恐れもゼロではありません。それを防ぐためにもやはり最新の耐震性を持つ住宅にリフォームをする必要があります。どんなに耐震性のある住宅にしても100%震災の被害に遭わないとは限りませんが、それでも現在想定される大地震でも倒壊しないことを基準をしているので、安全性は限りなく高いといえるのです。

「でも私の家が今の耐震基準を満たしているかわからない」と困っている方もいらっしゃるかと思います。ご安心ください。今では地域毎に窓口が設置されており、そこで相談をすることによって、ほとんどの場合無料で耐震性の診断をすることが出来ます。もしその診断において問題点が見つかった場合には、当サイトの様な口コミサイト等から良い情報を確認して、信頼のおけるリフォーム会社を見つける様にしましょう。

当たり前のことですが世の中は安全第一です。デザイン性や機能性を重視したリフォームも確かに大切なことですが、まず最初に考えなければいけないのは、耐震性や耐火性などといった防災に向けてのリフォームなのです。

震災はいつ襲ってくるか誰にもわかりません。後悔してからでは遅いのです。少しでも被害を最小限に収めるためにも是非ともリフォームに向けて行動されることをオススメします。

関連記事:
耐震強度を増すためのリフォーム
防災リフォームで知っておきたい事

千葉県内の戸建てリフォーム会社の口コミ情報
千葉市リフォーム会社口コミランキング >>



建て替えかリフォームか判断のポイント

十数年、何十年と住み続けると徐々に自宅の耐久性が衰えてきます。永久的に衰えること無く耐久性抜群の建物は存在しなく、いずれは建て直しをしたり、リフォームをしなければいけなくなります。ここで悩んでしまうのが、建て替えをするか、それともリフォームをするかということです。ここではその判断の目安になるであろうポイントを簡単にご説明させていただきます。

まず注目すべきポイントしまして、これからも使用出来る部分がどれだけ残っているかどうかということです。新築で建てた当時、良い材料を使用し耐久性に優れた工事を行なっていれば、そのまま基礎を使用出来たり、また柱や壁などそのまま使うことが出来るケースがあります。もしこれらを全て交換しなければいけない時には、その分費用が必要ですし、補修をするにしてもそれなりにかかります。ここでポイントは、その部分を再利用出来るかどうかです。自分ではそれを判断することは出来ませんので、まずはリフォーム会社に調査を依頼するようにしましょう。

次に間取りの変更をする時についてです。リフォームだったとしても間取りの変更をすることは可能ですが、建物自体の構造上、リフォームでは対応出来ないこともあります。中には建て替え費用とほとんど変わらない必要が発生してしまうことがあります。確かに建て替えというのは様々なプランを自由に検討し直すことが出来るメリットがありますが、建て替えをするためには一度解体作業をしなければいけません。その他にも仮住まいの手配や、引越しの手続き、さらには登記費用などいろいろと大変です。このような諸経費を考慮した場合、やはりリフォームがオススメです。建て替えにするかリフォームにするかを、まずはリフォーム会社に相談するようにしましょう。最後に土地の規制を確認しておくことも大切です。増築リフォームをしようと思っても、条例によって出来ないケースもありますので、役場で確認するようにしましょう。

こういった戸建てのリフォームをされる際にはしっかりと事前に当サイトの口コミ情報等も確認されて下さいね。

関連記事:
ナチュラルなマンションリフォーム
リフォームと新築はどっちがお得?

千葉県内の戸建てリフォーム会社の口コミ情報
千葉市リフォーム会社口コミランキング >>

悪質なリフォーム会社の手口

決して許されることではありませんが、リフォーム会社の中に悪徳行為をしている業者が潜んでいます。これらの業者の手口を予め知っておき、ひっかからないように防衛をするようにしてください。
まず悪徳業者の多くは訪問販売でリフォームを薦めてくるケースが圧倒的に多くなっており、訪問してくる時間帯の多くは旦那さんが仕事に出かけている昼間が多いようです。またマンションよりも一戸建てのご家庭を狙っています。さらに悪質なことに、老夫婦の自宅に訪問し、「すぐにリフォームをしなければ次に地震が起こった時に全壊しちゃいますよ」と脅しにも聞こえる謳い文句で契約を急がせるケースがあります。テレビの情報源を主にしているお年寄りにとって、どのような手口で悪徳業者がやってくるのかを知る手段は少ないのが現実です。頻繁にインターネットを利用している若者でしたら、今リフォームで詐欺行為をしている業者が多発していることはご存知でしょう。全く知識の無いお年寄りに対して「全壊しますよ」なんて言われたらすぐにでも契約をしようと、契約書にサインをしてしまいます。

このようにとにかく契約を急がせる傾向にあるのが悪徳業者の手口となります。そもそも契約というのはそうやすやすとサインをしてしまうものではありません。確かに契約書を全て読むには相当な時間がかかるでしょう。しかし後先のことを考えると、何時間何日かかったとしても、サインをする前に契約書を熟読することが大切なのです。

またご近所の方で実際にリフォームをされたことがある方がいらっしゃるのでしたら、そのリフォーム会社を紹介してもらうのも良いかと思います。もしくは当サイト等で取り上げている口コミ情報等を参考にされる事をおススメ致します。

関連記事:
リフォーム前の打ち合わせは重要です
壁紙リフォームでトラブルをおこさない為に

 

千葉市リフォーム会社

DIY感覚で自宅のリフォーム

もう今ではお馴染みとなっている「DIY」という言葉ですが、もしかしたら聞いたことの無い方もいらっしゃるかもしれません。昔ながらの言葉で表現しますと「日曜大工」です。つまり専門の業者に依頼をしないで、ご家庭で何かを作ったりリフォームをしたりすることをDIYと言います。今の生活空間を快適にするこのDIYは、特に男性を中心として関心を持っています。DIYグッズもホームセンターなどで多数販売していますので、ちょっとしたリフォームでしたら業者に依頼をしないで自分で挑戦してみてはいかがでしょうか?

DIYと言いましても気軽なものから大掛かりなものまであります。中には柱を組んで壁を作って部屋を増やすといったリフォーム会社並のDIYをされている方もいます。ただその場合には耐震性が劣ってしまう可能性があるので、そのような大掛かりなリフォームをする際には、耐震性を熟知しているリフォーム会社に依頼をした方が良いでしょう。

さてそれではどのようなケースでDIYが有効的なのでしょうか?最近では簡易的にリフォームの出来るグッズが多くあります。例えば床を全面タイル貼りにしたい場合には、両面テープで簡単に貼れるタイル、また壁紙を張り替えたい時にも技術必要無しで貼れる簡単なものがあります。もしこのようなちょっとしたいわゆるプチリフォームを考えているのでしたら、わざわざリフォーム会社に依頼をする必要はありません。自分で全て行った方が予算的にも安く済むこと間違いありません。ただし安全には十分にお気をつけください。壁紙の貼り替えなど、脚立を利用することもあるでしょう。普段慣れないことをして脚立から踏み外してしまい、怪我をしてしまったらその治療費で元々のリフォーム費用より高く付いてしまうことがあります。そんなことにならないためにも、安全第一でリフォームをして、無理なところは専門の業者に依頼をして、まずは見積もりをもらうようにしてください。

関連記事:
キッチンの壁紙リフォームのポイント
玄関ドアのリフォームするなら

 

千葉県のリフォーム会社口コミランキング >>

リノベーション工事のメリット

リノベーション。最近になってテレビや雑誌など各種メディアで聞いたり見たりすることが増えてきました。そもそもリノベーションというのは何なのでしょうか?
「リフォームのことを業界用語でリノベーションって言うんじゃないの?」「リノベーションもリフォームも同じ意味でしょ?」なんて考えを持っていませんか?実際にはこの両者、似ているようで異なる意味を持っているのです。

まずリフォームですが、老朽化してしまった建物を新築当初の状態に戻すこと言います。つまり老朽化によって建物の性能や耐久性が衰えてしまい、それを直すという意味です。確かにリフォームを行うことで、耐久性は元に戻りますが、新築当初以上の耐久性を築くことは出来ません。
そこでリノベーションとなります。リノベーションは、元々建物が持っている耐久性をさらに高める方法となります。例えば耐震性についてですが、国が定めている耐震基準が元々満たされていない建物はリフォームをするだけでは、その基準を超えることは出来ないということです。その場合には、リノベーションが必要です。リノベーションは大規模修繕となりますので、リフォームと比較をするとどうしても費用が高く付いてしまうケースが多くあります。しかし万が一のことを考えて、リノベーションを検討することは大切です。

そんなリノベーションを実施することによって、耐震性が向上し、きっと安心の暮らしを手に入れることが出来るでしょう。最近ではリノベーション物件も増えてきており、マンションやアパートなどの集合住宅でもリノベーション済みとして売り出されたり、賃貸として提供している物件が多数あります。また自宅をリノベーションすることにより、その建物の資産価値を高めることが出来ます。具体的にどの程度資産価値が高まるかは診断をしてもらう必要がありますが、リノベーションをしていない建物としている建物とでは、明らかに価値は異なるのです。貴方の自宅もリノベーションをご検討されてみてはいかがですか?

関連記事:
リフォーム前の打ち合わせは重要です
悪質なリフォーム会社の手口

 

リノベーション工事の得意な業者ランキング
戸建住宅のリノベーション工事会社ランニング >>

外壁の断熱リフォームのポイント

外壁を断熱リフォームすることにより、夏は涼しい家を、冬は暖かい家を手に入れることができます。外壁の断熱リフォームなんて工事になって大変なのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。
余りにも大変な工事はお金がかかってしまいますし、それ以上に時間がかかってしまって面倒になりますよね。

しかし、外壁の断熱リフォームは簡単にできるので、そのような心配がありません。
気軽にチャレンジすることができるリフォームの一つではないでしょうか。
外壁を断熱リフォームする場合、特殊素材の入っている塗料を壁に塗る事になります。
それだけで、断熱が可能なのです。そうすることで20%程度温度が変わるというのですから、リフォーム直後からかなりの効果を実感することができるでしょう。

断熱シートを間に入れるようなリフォームもあります。屋根のリフォームをする時、断熱シートを挟むことが多いようです。外壁の断熱性をさらに高めたいと思うのであれば、断熱シートを利用したリフォームをしていきましょう。断熱シートを入れてリフォームすることにより、断熱以外の効果も得ることができます。どのような効果かというと、防音効果です。 大きな音で音楽を聴いても近所迷惑になるような事がなくなりますし、映画館さながらで映画を楽しむことだってできます。小さな子供がいるような家でも、役立つのではないでしょうか。

また、外からの音を防ぐこともできるので、静かな空間で時間を過ごすことができます。
外からの音でイライラさせられる事がなくなるので、自宅で仕事をしている人や受験生のいる家では、大変有り難い効果になるはずです。省エネにもすぐれているので、様々な面から見て外壁のリフォームはメリットばかりだといえるでしょう。 せっかくなのですからリフォームする時、窓ガラスも買えてみてはどうでしょうか。
窓ガラスで断熱リフォーム、さらには防犯リフォームを実現することができるでしょう。

関連記事:
リフォームと新築はどっちがお得?
屋根のリフォーム時の値段

 

千葉市内で断熱リフォームの得意な会社一覧
千葉の戸建住宅リフォームランキング