千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

屋根のリフォーム

雨漏り修理の重要性

本日は、雨漏りの修理の重要性についてご案内致します。

一昔前の古い家では雨漏りは珍しくなく、よく桶や鍋を置いて雨漏りを受けていました。瓦の家では、台風で瓦の一部がずれたり、人が屋根の上に登ると瓦がずれて雨漏りの原因になっていました。そのために昔の人は、雨漏りに対して寛容な人が多いようです。 しかし、家にとって雨漏りは致命的なダメージに繋がります。家や屋根を支えている柱が腐食して、建物の耐久性が低下しますし、カビやシロアリなどの原因にもなりかねせん。もし雨漏りの疑いがあるならば、早急に対処することが勧められます。

また最近の住宅でも雨漏りは発生します。カラーベストやガルバリウム鋼板の屋根で、人が屋根に登らなくても雨漏りが発生する可能性はあります。それは屋根からの雨の侵入ではなくて、コーキング部やベランダ部などから雨水が侵入してくるパターンです。外壁にサイディングを使用している住宅では、外壁のつなぎ部分にコーキングが使用されています。コーキングは永久的なものではなくて、10年から15年に一度の更新が勧められています。長年放置しておくと、コーキングが乾いてひびが入り、そこから雨水が外壁つなぎ部分から侵入してきます。そして雨水は、内壁を通じて部屋に垂れてきます。 室内から見ると一見、屋根からの雨漏りのように思う場合もありますが、調べてみると外壁からだったというケースは珍しくはありません。

雨漏りは、一度発生するとほっておいても治ることはまずありません。 人間の虫歯と同じです。そのために、なるべく早い段階で修理をしておく方が安い費用で修繕ができます。2階建ての一般的な大きさの住宅で、コーキング施工を含む工事でだいたい100万円程度かかるようです。 屋根の補修の場合は、部分的な補修で済む場合は30万円から50万円程度、全体的なやり直しが必要な場合は100万円から180万円程度必要になってくるようです。 もちろん使用する屋根材や屋根の大きさによっても費用は前後しますので、一度リフォーム店さんや屋根屋さんに相談してみるといいかもしれません。

千葉リフォームブログ関連記事:
屋根のリフォーム時の値段
耐震補強のポイントと注意点

重要な外壁のリフォーム

家の中のリフォームに比べると後回しに考えがちな“外壁リフォーム”ですが、先延ばしにしておくとその分リスクも増えてしまいます。まず外壁には、吹き付けて塗装しているタイプとサイディングボードを貼りつけて施工しているタイプに分かれます。
目で見て塗装がはがれてきたり、ヒビがいったりしている場合は、なるべく早くリフォームした方が良さそうです。外壁が水を吸ったりして、傷みが激しくなってきて、外壁の役目を果たさなくなります。また外壁を手で触って塗料が突いたりするのも、塗り替え時のサインです。

一般的に外壁塗装の寿命は、アクリル系で6,7年、ウレタン系で8~10年、シリコン系で12~15年、フッ素系で15~20年程度といわれています。当然家が建てられている環境によっても寿命は異なり、海風が吹くところでは傷みやすいと考えられます。外壁の塗り替えにかかる費用は、一般的な2階建ての住宅で50万円~100万円程度といわれています。工事の際には、足場が組まれて、窓やエアコンの室外機などに塗料がかからないようにマスキングされます。工期は1週間程度あれば完了します。住宅地など隣の家と接近している場合は、塗料の臭いなどもありますので断っておいた方が良さそうです。

サイディングボードの家は、今あるサイディングの上から新たにサイディングを貼りつける工法が主流です。
短期間で外壁が生まれ変わり、中には断熱パネルを内蔵した物もありますので、家の断熱効果が高まります。

断熱材の厚さやサイディングのデザインによってコストは異なり、一般的な2階建て住宅で100万円から150万円程度で施工ができるようです。吹き付け塗装のリフォームに比べると割高ですが、断熱効果も期待できるのでコストパフォーマンスとしては納得のできるものだと思います。またサイディングボードの家は、外壁よりボードのつなぎ目が先に傷んできます。
通常はコーキングでつなぎ目を埋めていますが、10年から15年ほどで割れてきて雨水が壁の中に入る恐れがあります。そのためマメなコーキングの施工は必要です。

千葉リフォームブログ関連記事:
外壁の断熱リフォームのポイント
耐震強度を増すためのリフォーム

屋根の瓦の修理について

何に対しても安全性に厳しい日本。日本では、ごく当たり前の安全性の厳しさは世界でもトップクラスであり、過保護とも言える制度がたまに出てくることがあります。諸外国では日本のこの安全性に驚いており、「日本ではこんなことにも安全性を考えています」とニュースキャスターが実際にテレビ番組で報道をしているのです。余談になりますが、私が海外で長期滞在していた時、日本の建物についての基準が報道されていました。一緒にテレビを見ていた現地の人は「ちょっと厳しすぎて自由が無いね」と言っていました。

自由が無いワケではありませんよね?国が定めている安全性というのは、あくまでも命を守るためなのです。そんな当たり前のことを理解することのの出来ない海外の人も多数いるのです。ちょっと話が反れてしまいましたが、安全性と言えば、住宅の屋根が気になりませんか?特に瓦で作られている屋根の場合、ちょっとした地震で落ちてきたりしないか?バラバラに割れて言え周辺が大惨事になってしまうことは無いか?など瓦が及ぼす被害というのは、非常に大きなものがあります。

ほとんどのリフォーム業者は屋根の瓦の修理も提供していますので、まずは屋根の診断をしてもらいましょう。この時、危険性が無ければ貴方も是非とも屋根の状況を確認してみてください。長い年月放置をしていた瓦の屋根は、想像している以上に老朽化しているのがわかると思います。パッと見ではよくわからないかもしれませんが、瓦にヒビが入っていたり、均等に並んでいなく、ずれてしまっている箇所もあるでしょう。もしかしたら、そこにあるハズの瓦が見当たらなく、折れた歯のように、隙間が出来てしまっていることもあります。

最近ではプチリフォームがブームとなっていますが、瓦の修理はとてもプチリフォームというワケにはいきません。瓦職人による修理が必要になってきます。しっかりとしたリフォーム業者に依頼をするのも一つの方法です。

千葉リフォームブログ関連記事:
屋根にコロニアルを使うメリットデメリット
屋根のリフォーム時の値段

屋根にコロニアルを使うメリットデメリット

時代が変わる毎に住宅の仕様も大きく変わります。
そして住宅は年々進化してきており、最近ではスマートハウスと呼ばれている次世代型の住宅が注目されています。
住宅内の様々な環境をコンピュータによって制御されており、外出先からでも何かしらの信号を送り、様々な動作をコンピュータで行います。
まさに未来形とも言える住宅であり、さらに省エネ効果も非常に高いので地球環境にも優しい作りになっています。

そんな住宅事情の中、積極的にリフォームをされるご家庭が増加してきています。
リフォームの対象となる場所はそれぞれ異なっていますが、やはり東日本大地震の影響からか耐震性と免震性を重視したリフォームが注目されているようです。
近年の法改正によって耐震基準が変わり、これまでの基準よりもさらに厳しい基準に改定されました。
それによって、耐震基準を満たしていない住宅が増え、役場では無料で耐震診断を行ってくれます。
しかし何も耐震性だけでリフォームが注目されているワケではありません。
見た目のデザインと利便性を重要視したリフォームに興味を持っている方が多くいます。
その中でも屋根は非常に注目をしたいところです。

様々な屋根材がありますが、今最も使用されているのがコロニアルです。
軽量で施工性が非常に良いため、近年急速に広がってきています。ただそんなコロニアルにも欠点があり、それが耐久性です。
概ね10年に一度のメンテナンスが必要で、塗装工事をする必要があります。
またコロニアルの屋根自体に耐熱性がほとんど無いため、万が一の時には屋根が全焼してしまう可能性があります。
コロニアルのリフォームでは、主に重ね張り工法が一般的となっています。
この重ね張り工法というのは、既存の屋根材を撤去することなく、上から重ねていく工法です。撤去をする手間が無いために、その分工事費を抑えることが出来ます。
廃材が発生しないので、環境にも良い工法で、非常に経済的です。

千葉リフォームブログ関連記事
オフィスの内装工事をする際に
屋根のリフォーム時の値段

リフォーム前の打ち合わせは重要です

皆さん案外おろそかになってしまいがちなのが、リフォーム前の打ち合わせについてです。これがおろそかになってしまい、良いリフォームを行えなかったというお話を良くお聞きします。

例えばコンサートやイベントを想像してみてください。これら催し物というのは、企画や制作、そしてリハーサルにかける時間というのは本番の日数の数十倍~数百倍となります。つまりたった一日のコンサートを開催するためには、半年や一年といった準備が必要になってくるワケです。これはどんな仕事でも同様です。事前の準備を怠ってしまったら、本番でうまくいくワケがありません。よくコンサート関係ではこう言われます。「リハーサルは120%で本番は80%の力で行う」これは準備段階で限界以上のパフォーマンスをして本番では肩の荷を下ろしてリラックスをして実施しよう!っという意味です。それほど事前準備というのは非常に重要なことなのです。

さて前置きが長くなってしまいましたが、これはリフォームに関しても同じことが言えます。もちろんコンサートのように本番である工事をリラックスして中途半端ではいけません。しかし事前準備に関しましてはコンサートと同様です。つまり打ち合わせ段階ということになりますが、この打ち合わせをいい加減に進めてしまうと、納得のいく理想的なリフォームを完成させることは出来ません。打ち合わせはリフォーム会社の担当者と念入りに行うようにしてください。また打ち合わせでは貴方の意見を積極的に伝えるようにしてください。依頼主は貴方なのです。貴方はずっと住み続ける家なのですから、多少無理のありそうな要望だったとしましても、恥ずかしがらずに全て伝えるようにしてください。そして担当者と二人三脚でリフォームへ向けて準備を進めていきましょう。

そして打ち合わせの内容に勘違いが生じないように、打ち合わせで話していることは全てメモをするようにしてください。もし万が一リフォームで納得しない仕上がりになってしまった時、「打ち合わせではこうなるハズだった」と物的証拠になります。これは貴方だけではなく、リフォーム会社の担当者にも同じメモを取ってもらうようにしてください。

関連記事:
ナチュラルなマンションリフォーム
悪質なリフォーム会社の手口

屋根のリフォーム時の値段

本日は、屋根のリフォームの値段についてご紹介させて頂きます。

屋根は住宅において最も重要な役割をしています。雨から家を守り紫外線を受け続けたり、暑さや寒さにも耐え続けます。状態が悪化すると雨漏り等により、住宅に致命的な欠陥をもたらします。

不具合がないか定期的に確認することが大事であり、必要に応じてリフォームを行うことが必要になります。屋根のリフォームには状態によって種類が異なり、値段も変わってきます。表面の塗装だけをする塗り替えは、最も値段が安いので、定期的に行うことで、大規模なリフォームを免れることになります。

値段は25万から100万円程度となります。塗料の種類によって耐用年数が変わるので、性能の高い塗料を選択することが望ましいです。
屋根材の表面の劣化が酷く、塗り替えでは対応できない場合には、カバー工法をする選択があります。現状の屋根材の上に新たに重ねて葺いていきます。
既存の材料の撤去が不要となり、大規模な工事を免れ、葺き替えよりも価格を抑えることができます。しかし、重ねて葺くために重量が重くなることになってしまいます。

カバー工法による費用は、100万から160万円程度となります。屋根の下地が傷んでいる場合には、葺き替えリフォームをする必要があります。もっとも大規模な方法であり、値段は150万から280万円程度となります。既存の材料を撤去したり、下地の補修費用がかかったりするので、値段が高くなってしまいます。

葺き替えをする場合には、断熱材を入れて断熱性能を高めることもできます。軽い瓦に変えることで、住宅にかかる負荷を減らして地震に対する被害を減らすことも可能です。
葺き替えをする場合には、大規模な作業となり費用もかかるので、ついでにさまざまな対策を施すことを検討すると有効です。葺き替えとなれば、大きな出費となるので、そうならないために定期的な点検や塗り替えリフォームにより、最小限の作業で終わらせると良いです。
屋根の状態を良くしておくことで、住宅の寿命を延ばすことになります。

関連記事:
外壁の断熱リフォームのポイント
耐震強度を増すためのリフォーム