千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

マンションリフォーム

悪徳業者とトラブルにならない為に

建物の劣化が目立つようになり、リフォームが必要になると、自分では修理や補修ができない場所がありますので、業者に依頼して工事を行なってもらうことになります。しかし、リフォーム業者は、工事を行なう場所や規模などによって、依頼場所も異なるだけでなく、工事費や工事の仕方まで違います。

また、リフォーム工事では、問題がないわけでもありません。この業界では、悪徳業者の問題や不透明な工事費や工事内容のトラブルも多いとされています。
そのことから、問題も多い業界ともいわれています。そこで、リフォーム業者に依頼するときは、注意点がいくつかあります。

リフォーム業者であるなら、工事例があるはずです。そこで、工事を行なった人に聞いたり、リフォーム例を見るなどといったことを行なうこともようでしょう。
全国的な業者であるなら、インターネットに詳しい情報がありますので、会社のホームページ、評判を参考にすることができます。また、地元の業者を探すのであるなら、実施に工事を行なった住宅の人や工事にかかわった人に話を聞いたり、直接業者を探すこともよいでしょう。

実際に工事を行なわれた方の例等を口コミ等で確認する事もとても重要です。
千葉県内の情報を知りたいという方は、当サイトの情報を是非ご参考下さいね。

千葉リフォームブログ:
悪質なリフォーム会社の手口
リフォーム前の打ち合わせは重要です

リノベーションの意味

リノベーションの意味は、よく「リフォーム」と混同されそうになりますが、ちょっと内容が違います。リフォームは、床を張り替えたり、キッチンや洗面を入れ替えたりする行為です。中には外壁を塗り替えたり、屋根の張り替えを行う方もいるでしょう。しかし、それらの行為は家の価値を著しく変える物ではありません。
それに対して、リノベーションは家の価値を著しく向上させることができます。必ずしも向上するという訳ではありませんが、ほとんどのケースで結果的にそうなっています。

建物の建設当時の価値を100とすると、リフォームでは100、110が限界といえそうです。それに対してリノベーションは、150、200と全く違う価値を生み出してくれます。
しかし、中古物件などを見ているとリノベーション物件といっても、リフォームしかしていない物件もあります。その「リフォーム」と「リノベーション」を見分けるポイントは、建物を0ベースにして改装したかどうかだと思います。あとは感覚的に感動があればリノベーション物件といってもよさそうに思います。ちなみにテレビで放映している「ビフォーアフター」はリノベーションといえるでしょう。
建物を柱のみにして、躯体の補強や減築や増築をして全く新しい家を想像しています。感動もあります。住み手にあった家作りがされていて、まったく新しい価値が創造されています。

マンションをリノベーションする場合でも同じで、住み手の個性に合った部屋作りが重要になります。
一人暮らしの方などは、できるだけ部屋を広く見せたいということから、浴室の壁をガラス張りにする方も中にはいます。防水工事が大変ですが、リビングとバスルームの境目が感じられずに広い空間の部屋を作ることに成功しています。

リフォームでは成し得ない、リノベーションならではの結果といえそうです。収納などもリノベーションは優れていて、壁から新しく作るので壁全部に棚を作ることもできます。本を並べたり、写真を飾ったり自分色の壁に仕上げることができます。
このように考えていくとリノベーションの意味というのは、建物と自分が一つになる、ということかもしれません。

千葉リフォームブログ関連記事:
リノベーション工事のメリット
戸建住宅のリノベーション

フローリングのリフォームのポイント

築年数が10年を超えてくると、どうしてもフローリングのキズや汚れが気になってくるものです。今日はそういったフローリングのリフォームのポイントについてご紹介致します。

中にはキズの個所から水が入り、腐食や変色が進むケースもあるでしょう。ワックスをかけているご家庭では、ワックスのムラが気になったりすると思います。できるならフローリングをリフォームして、建設当時のようなきれいな床で生活したいと思っている人も多いことでしょう。

実際のフローリングを張り替える現場では、フローリングだけというのは少ないようです。
良くあるケースが、キッチンの交換に合わせたり、内装リフォームに合わせたり、間取りの変更に合わせてフローリングをリフォームする傾向が多いようです。どうしても単体で工事するより、一度にいろいろしてしまった方が工事費用も安くつきますし、住んでいる人の手間も省けます。

定年退職した後のお宅などは、フローリングに無垢材を用いたりして今までとは違うフローリングに仕上げる方もいらっしゃいますし、ハイテク素材を採用する方も多いです。 ワンちゃんと一緒に暮らしている方は、ペット対応型のフローリングを採用するケースが目立つそうです。
2,30年前に比べて、フローリングの素材も多様化しており、それぞれの家庭にあった種類を選択できるようになっています。

フローリング選びの秘訣としては、必ずサンプル材を取り寄せて、確認することです。
お近くにショールームがない場合などでも、リフォーム店さんなどに相談するとたいていの種類を取り寄せてくれます。その上で種類を決める方が、満足のいく仕上がりになります。
フローリングのリフォームに合わせて床暖房の採用を検討している方も多いと思います。現在は電気式、温水式など様々なバージョンがありますので、ご自宅の給湯器なども含めて検討する方が良さそうです。
また床に断熱材を施工していない場合は、フローリング工事に合わせて断熱材も施工すると、より快適なお家を提供してくれると思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
リビングの床のリフォームについて
ナチュラルなマンションリフォーム

住宅リフォームの消費税

毎日のようにテレビや新聞で騒がれている「消費税」が、住宅リフォームにおいても大きく影響してきます。2013年現在は消費税が5%ですが、2014年4月からは8%、2015年10月からは10%へと引きあがる予定です。
これによって、同じ工事やサービスの内容でも消費者が支払う金額が増える可能性があります。

例えば、100万円のリフォームを行ったとして現在の消費税では、105万円です。8%になると108万円、10%になると110万円になる予定です。消費者としては、明らかに今リフォームを行っておく方が得策といえます。
ちなみに、2014年4月までに工事が完了し、引き渡しを終えていれば5%の税率で計算されるそうです。工事が長引き4月に入ると税率が8%になるというものです。消費税率の切り替えは、厳密には上記のようになりますが、ローンを組まずに、現金で支払いをする場合は、小規模なリフォーム店であれば相談してみると、何かいい策が浮かび上がるかもしれません。

また消費税増税前は、消費の需要が高まります。建設業者さんもお客さんからの問い合わせが増えて、強気になりがちです。そのため、価格も強くなりがちになったり、業者さんが忙しいと打ち合わせもゆっくりできない状況になります。このことからあえて、消費税が8%になってから工事を行うのも一つの手といえそうです。
過去、消費税は0%、3%、5%と段階的に引き上げられてきました。しかし、身の回りの物の値段や質はどうでしょうか?時間と共に安くていいものができて、消費税が上がった分以上のコストパフォーマンスの還元を受けていると思います。

ペットボトルのジュースも、今や110円台でスーパーで売られています。消費税が0%のころは、300円ぐらいで販売されていました。一概に、消費税が上がると損をする、という考え方でなく、慌てずに様子を見て、しっかりと計画性のあるリフォームを取り組むことも重要と考えられます。住宅用の資材も、需要と供給の関係で値段が上下する部分があると思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
リフォーム前の打ち合わせは重要です
大和ハウスリフォームの評判や口コミ

リフォームの相場の目安

ただ単にリフォームと言いましても、そのリフォームをする場所によって大きく費用は異なってきます。まずは貴方がリフォームをしようとしている場所の費用相場を確認しておきましょう。
今多くのご家庭でリフォームがブームとなっていますが、その中でも人気なのがキッチンのリフォームです。「もっと使いやすくしたい」「広いスペースを確保したい」「アイランド型キッチンしたい」など様々な考えがあることでしょう。
そしてその中でも「システムキッチン」へのリフォームが人気となっています。スマートなキッチンとして注目されているシステムキッチンは若い女性を中心として注目されており、今まで以上に使いやすいキッチンを実現することが出来ます。

そんなシステムキッチンにリフォームをする時の相場ですが、材料費として25~94万円、工事費15~30万円となります。工期期間は一日で全て終わらせる簡単な工事もありますが、長くても10日前後で完了します。レイアウトを大きく変えなければ費用を抑えることが出来ます。

次に人気なのが、浴室です。一日の疲れを毎日癒してくれる浴室をリフォームすることによって、より快適に、よりリラックスした空間を作ることが出来ます。最近では多機能のユニットバスが人気で、材料費は25~90万円となります。工事費は12~50万円で、こちらもキッチンと同様に簡単なリフォームでしたら1日で終わり、長くても10日前後となります。

最近ではリフォームの一環として、バリアフリー化をされるご家庭も増えてきています。中でも浴室というのは、最も事故の多い場所であり、特に高齢者が一人で利用する際に危険なこともあります。そこでバリアフリー化することによって、手すりをつけたり、滑りにくい床にするなどといった快適で利用しやすい浴室を実現することが出来ます。
他にも数多くのリフォーム箇所がありますが、まずは実際に依頼をしようとしているリフォーム会社に正確な見積もりを提出してもらうことが最も大切です。

千葉リフォームブログ関連記事:
中古建物の内装工事の耐用年数
悪質なリフォーム会社の手口

リフォーム業者選びなら口コミから

今まさにリフォームが一大ブームとなっており、一軒家を所有している方はもちろんのこと、マンションやアパートに住んでいる方もリフォームを積極的に行っています。昔からリフォームを提供している業者は数多くあり、初めてリフォーム業者を利用した人は、次回も同じリフォーム業者を利用するかもしれません。しかし本当にそのリフォーム業者は最も貴方の理想を叶えてくれて、低価格で工事をしてくれる業者ですか?もしかしたら、その業者よりも、もっと安価で、もっと理想に近づけるリフォーム業者が存在するかもしれません。

それを知るためにはやはり口コミが一番です。もし貴方の近所や友人知人などで最近リフォーム業者に依頼をした方がいるようでしたら、その方の意見を参考にしてみてください。リフォーム業者の良かったところ、そして悪かったところなど詳細を確認しておきましょう。また良いリフォーム業者というのは、口コミによってどんどん有名になってくるものです。口コミによって人気が広がり、満足度ランキングで見事首位を獲ったリフォーム業者もあります。リフォーム業者側からしてみれば、わざわざ高い費用を使って宣伝をする必要が無いのですから、口コミは非常に重要視しています。

また世間の口コミをもっと知りたいのでしたらインターネットを利用しましょう。リフォームに関する掲示板も多数開設されており、実際にリフォーム業者を利用した方の生の声を聞くことが出来ます。さらにインターネットユーザー間で質問と回答をすることの出来るサービスも多くあり、それらを利用すると良いかもしれません。

ただし注意をしなければいけないことがあります。それは一括見積もりサイトの存在です。
あれが余計な価格競争を生むどころか、手抜き工事が発生しかねない仕組みです。広告費用を一括見積もりサイトに払わなければいけない事に加えて、一番格安で料金を出さなければいけないのですから。
審査もやっている様に書かれていますが、実際は登録申請すれば通る様な所ばかりです。
こういった点を注意される事をおススメ致します。

千葉リフォームブログ関連記事:
リフォームと新築はどっちがお得?
リノベーション工事のメリット

リフォーム業者選びで失敗しない方法

初めてリフォームをしようと思っているけど、どこのリフォーム会社を利用したら良いのかわからない、あまりにも数多くのリフォーム会社があって評判を知りたいなどとリフォームをしようと考えている人の多くは、リフォーム会社選びに悩んでしまいます。実際にリフォーム会社について調べていると、星の数ほどの会社があり、正直迷ってしまいます。しかもほとんどの会社で「うちが一番!」のような宣伝をしているので、消費者からしてみれば迷ってしまうのも仕方がありません。

最近ではリフォームブームにのっとり、リフォーム専門の雑誌も発売されています。数々の事例が掲載されており、各リフォーム会社の評判も公開されていますので、非常に参考になります。またその一つ一つの事例に対して、いくらの費用が発生したのかも公開していますので、予算を大まかに知ることが出来ます。

しかしもっとたくさんの情報からリフォーム会社の評判を知りたいのでしたら、やはりインターネットの存在は欠かすことが出来ません。実際に検索エンジンを利用して「リフォーム会社 評判」と検索をかけてみてください。非常に多くのサイトがヒットします。これらのサイトで公開している評判をよくチェックしましょう。中にはリフォーム会社のメリットとデメリットが正直に書き込みされているサイトもありますので、比較するのに最適です。

ただ、注意しないといけないのがリフォーム会社の一括見積もりサイトです。複数のリフォーム会社が登録をしているサイトであり。一括見積もりサイトというのは、登録するためには¥審査があるとうたっていますが、実際はほとんどが審査は有って無い様なもの。一括見積もりサイトで「安かろう悪かろう」な工事をされたと言う声が後を絶ちません。
仕組みとしては、価格競争をさせる上に見積もりサイト側が広告費用を取るので、どうやっても満足の行く工事を業者側が出来ない仕組みになっています。

こういった事をポイントとして、良い業者を見つける様にしてくださいね。

千葉リフォームブログ関連記事:
新日本ハウスの評判
悪質なリフォーム会社の手口

マンションのベランダリフォーム

本日のブログではマンションのベランダリフォームのススメについてご紹介させて頂いております。

マンションのベランダは、上手に活用すれば「リビング+α」として住民の快適性を増してくれます。ベランダというと、洗濯物を干したり、物を置いたりするスペースにされている方が多いと思います。しかし、それだけのスペースとしてベランダを使うのはもったいないといえます。

例えば、ベランダの床にフローリングと同系色のバルコニータイルを設置すると、室内から見たときは部屋との一体感が生まれて、リビングが広く感じます。実際に、窓を開けると「リビング+α」としてベランダを活用することができます。

ベランダの種類によっては、柵で覆われていて外からベランダ内が見えるケースもあります。そういう場合は、ベランダの柵の内側に目隠しとして対候性のある木材を設置することにより、外からの視線を防ぐことができます。
また室内から見ても、木材は自然の風合いがあり、ベランダの景観を損なう恐れはありません。

最近はホームセンターなどでもマンションのベランダ用のタイルを見かけますが、種類は多様にあります。メーカーは主に「セキスイ」「INAX」「三菱樹脂」「TOTO」「東レ」の5社になります。個人でも施工できそうに思いますが、強風時の対応など、専門家に任せておいた方が安心の部分もたくさんあります。中には、ベランダにウッドデッキを敷き詰めるケースもあるようです。部屋から素足でベランダに出て、活動できる点がいいようです。

注意点として、マンション大規模修繕時のベランダの状態についてです。マンションの品質を保つために、10年もしくは20年単位で修繕工事が行われます。
場合によっては、ベランダの物すべて撤去して、片づけておく必要がある場合もあります。そうなるとせっかくきれいにしたベランダを元通りにしなくてはなりません。マンションの修繕計画と運営について事前に確認しておく方が、安心といえます。

ちなみにマンションのベランダは、共有部分になります。常識の範囲内でリフォームを検討しましょう。

関連記事:
ナチュラルなマンションリフォーム
使いやすさを考えたキッチンリフォーム

リフォーム業者をお探しなら
千葉のマンションリフォーム業者口コミランキング>>

リフォーム前の打ち合わせは重要です

皆さん案外おろそかになってしまいがちなのが、リフォーム前の打ち合わせについてです。これがおろそかになってしまい、良いリフォームを行えなかったというお話を良くお聞きします。

例えばコンサートやイベントを想像してみてください。これら催し物というのは、企画や制作、そしてリハーサルにかける時間というのは本番の日数の数十倍~数百倍となります。つまりたった一日のコンサートを開催するためには、半年や一年といった準備が必要になってくるワケです。これはどんな仕事でも同様です。事前の準備を怠ってしまったら、本番でうまくいくワケがありません。よくコンサート関係ではこう言われます。「リハーサルは120%で本番は80%の力で行う」これは準備段階で限界以上のパフォーマンスをして本番では肩の荷を下ろしてリラックスをして実施しよう!っという意味です。それほど事前準備というのは非常に重要なことなのです。

さて前置きが長くなってしまいましたが、これはリフォームに関しても同じことが言えます。もちろんコンサートのように本番である工事をリラックスして中途半端ではいけません。しかし事前準備に関しましてはコンサートと同様です。つまり打ち合わせ段階ということになりますが、この打ち合わせをいい加減に進めてしまうと、納得のいく理想的なリフォームを完成させることは出来ません。打ち合わせはリフォーム会社の担当者と念入りに行うようにしてください。また打ち合わせでは貴方の意見を積極的に伝えるようにしてください。依頼主は貴方なのです。貴方はずっと住み続ける家なのですから、多少無理のありそうな要望だったとしましても、恥ずかしがらずに全て伝えるようにしてください。そして担当者と二人三脚でリフォームへ向けて準備を進めていきましょう。

そして打ち合わせの内容に勘違いが生じないように、打ち合わせで話していることは全てメモをするようにしてください。もし万が一リフォームで納得しない仕上がりになってしまった時、「打ち合わせではこうなるハズだった」と物的証拠になります。これは貴方だけではなく、リフォーム会社の担当者にも同じメモを取ってもらうようにしてください。

関連記事:
ナチュラルなマンションリフォーム
悪質なリフォーム会社の手口

悪質なリフォーム会社の手口

決して許されることではありませんが、リフォーム会社の中に悪徳行為をしている業者が潜んでいます。これらの業者の手口を予め知っておき、ひっかからないように防衛をするようにしてください。
まず悪徳業者の多くは訪問販売でリフォームを薦めてくるケースが圧倒的に多くなっており、訪問してくる時間帯の多くは旦那さんが仕事に出かけている昼間が多いようです。またマンションよりも一戸建てのご家庭を狙っています。さらに悪質なことに、老夫婦の自宅に訪問し、「すぐにリフォームをしなければ次に地震が起こった時に全壊しちゃいますよ」と脅しにも聞こえる謳い文句で契約を急がせるケースがあります。テレビの情報源を主にしているお年寄りにとって、どのような手口で悪徳業者がやってくるのかを知る手段は少ないのが現実です。頻繁にインターネットを利用している若者でしたら、今リフォームで詐欺行為をしている業者が多発していることはご存知でしょう。全く知識の無いお年寄りに対して「全壊しますよ」なんて言われたらすぐにでも契約をしようと、契約書にサインをしてしまいます。

このようにとにかく契約を急がせる傾向にあるのが悪徳業者の手口となります。そもそも契約というのはそうやすやすとサインをしてしまうものではありません。確かに契約書を全て読むには相当な時間がかかるでしょう。しかし後先のことを考えると、何時間何日かかったとしても、サインをする前に契約書を熟読することが大切なのです。

またご近所の方で実際にリフォームをされたことがある方がいらっしゃるのでしたら、そのリフォーム会社を紹介してもらうのも良いかと思います。もしくは当サイト等で取り上げている口コミ情報等を参考にされる事をおススメ致します。

関連記事:
リフォーム前の打ち合わせは重要です
壁紙リフォームでトラブルをおこさない為に

 

千葉市リフォーム会社