千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

キッチンリフォーム

洗面所のリフォームの注意点

手軽にリフォームできて満足度の高いポイントに、洗面所があります。リフォームのチラシなどでも洗面所のリフォームは、安くPRされています。しかし、その値段ですべて終わるケースは少ないので注意です。確かに洗面台は60%オフなど格安になっているかもしれませんが、洗面台だけを変えてもリフォームの満足度は低いものです。

恐らく洗面台を交換したいと思うということは、洗面所の床や壁、天井も傷んできていると思います。またキャビネットなどの収納棚も収まりが悪くなって、使いにくくなっていると考えられます。そんな中で洗面台だけのリフォームを行うのは、ナンセンスです。どうせだったら、床や壁、天井、キャビネットもリフォームする方が、効率的と考えられます。リフォームの費用としては50万円から80万円程度で収まるケースが多いようです。
洗面台の大きさについては、今よりも大きい物の設置の方が好ましいケースが多いです。最近は電動歯ブラシや電動シェーバー、ドライヤーなど洗面所の周りにはたくさんの家電製品があります。それらをすっきりと収納しようと思うと、それなりの大きさが必要になります。
蛇口の形や照明の灯りにこだわって金額が上がるより、洗面台その物を大きいサイズにする方が効率的といえそうです。またドライヤーをした際にブレーカーが落ちるケースは、電気の増強工事も必要かもしれません。

床もリフォームする場合は、耐水性に優れているタイルなどもお勧めです。中でも塩ビ系のタイルは比較的安く、丈夫で、デザインも豊富になっています。東リなどのメーカーから販売されています。洗面所の壁をリフォームする場合は、タオルフックと手すりなどを考慮する必要があります。また洗面所は、お風呂の脱衣場を兼ねているケースも多いと思います。
機能的な収納と汚れた衣類の取り扱い性がポイントになってきます。このあたりは居住している人数や年齢層によって、いろいろと考えられると思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
理想的なキッチンリフォームを叶えるには
キッチンリフォームの際のメーカー選び

理想的なキッチンリフォームを叶えるには

多くの女性は将来的にどのようなキッチンを利用したいのか夢を持っていることでしょう。例えばテレビドラマや映画に出てくるようなキッチンは、多くの女性が求めている理想的な作りであり、「いつかこんなキッチンが欲しいな」と考えてしまうハズです。しかし現実的に難しいこともあり、キッチンよりも他に大切なことはいくつも出てきてしまいます。

もし理想的なキッチンを求めているのでしたら、是非ともリフォームをされてみてはいかがでしょうか?わざわざ新築で立て直す必要もありませんし、何よりも生活拠点を移動することなく、様々な夢のキッチンを作ることが出来るのです。今最も人気のあるキッチンは「アイランド型キッチン」と呼ばれているものであり、これはその名の通り料理をするスペースを別に作り、四方からキッチンスペースを利用することが出来ます。そんなアイランド型キッチンを作るメリットとして、家族みんなで開放的なスペースで料理を楽しむことが出来るということです。これがまさにクローズド型キッチンとの大きな違いであり、広々としたスペースで料理を楽しめます。

しかしアイランド型キッチンにリフォームをする際には難しい面もあります。例えば料理には水場は欠かすことの出来ない存在ですが、その水場をアイランド型キッチンの方へ移動、もしくは増設する必要があります。この場合、床下の水道管工事が必要になりますので、個人ではとても出来るようなことではありません。また一軒家でしたらそこまで問題ありませんが、集合住宅の場合にはオーナーの許可が必要で、キッチンのリフォームをすることが出来ないこともあるのでご注意ください。当たり前のことですが、賃貸アパートや賃貸マンションでは配管工事は出来ません。簡易的なアイランド型キッチンは可能ですが、重要な水場の設置が出来ませんので、あまり効果的ではありません。 その他にもいろいろなキッチンのリフォームがありますので、貴方の理想を是非とも追求してみてください。

千葉リフォームブログ関連記事:
キッチンリフォーム成功のポイント
使いやすさを考えたキッチンリフォーム

キッチンリフォームの際のメーカー選び

キッチンリフォームを考えるとき、種類が豊富なことに気づくことでしょう。またそれの応じるかのようにいろいろなメーカーがあります。キッチンでは国内のものから海外のものまであり、デザインが洗練されたキッチンは海外の製品でよく見られます。そのことから、キッチン選びでは、非常に苦労するかもしれません。

キッチン選びでは、どのような点に注意したらよいのでしょう。まず、キッチンは毎日使うので、自分が一番使いやすいと思うものを選ぶことが必要となるのです。 ここで失敗すると、調理で不具合を感じたり、さまざまな負担や作業の輪宇佐を感じることになるのです。

次にキッチン選びで重要なのは、自宅の内装に合うものであるのかということになります。この場合は、自分好みのものでもよいのですが、住宅の雰囲気に合わせることも大切になるでしょう。キッチンは、一種のインテリアといってもよく、色調が合わないものでは、不快感さえ感じたり。 このようなことからも、直接実物を確認することがよく、メーカーのショールームに足を運んでみることがよいでしょう。リフォームで役立つ主なキッチンメーカーにはいろいろとありますが。 たとえば、トステムでは、高性能レンジフードファンや害虫を入れない密閉性、ステンレスだけでなく見た目はよい天板が人造大理石なのが特徴です。扉を開けると奥が全部つながった引き出しは、サンウェーブの特徴ですが、ナショナルではそのようことはないようです。キャビネットにこだわったキッチンにはクリナップがあり、他にはIHのコンロや食洗機をビルトインしたキッチンがあるので、キッチン選びでは、好みによって決めるということになるのでしょう。

なお、いずれもメーカーのショールームで確認することが一番です。メーカーの製品を直接見て、比較することがよく、リフォーム後、自分にとって使いやすいかどうか確かめることが必要でしょう。

一番お得なリフォーム方法は、メーカーのショールームで実物を見て、地元の格安で評判の良いリフォーム会社に希望のキッチンを取り付けられるのかを聞く事。これが一番格安でキッチンリフォームを行う秘訣です。

関連記事
キッチンリフォーム成功のポイント
使いやすさを考えたキッチンリフォーム

千葉で評判の良いリフォーム会社を探すなら
千葉市リフォーム会社口コミランキング >>

リフォーム前の打ち合わせは重要です

皆さん案外おろそかになってしまいがちなのが、リフォーム前の打ち合わせについてです。これがおろそかになってしまい、良いリフォームを行えなかったというお話を良くお聞きします。

例えばコンサートやイベントを想像してみてください。これら催し物というのは、企画や制作、そしてリハーサルにかける時間というのは本番の日数の数十倍~数百倍となります。つまりたった一日のコンサートを開催するためには、半年や一年といった準備が必要になってくるワケです。これはどんな仕事でも同様です。事前の準備を怠ってしまったら、本番でうまくいくワケがありません。よくコンサート関係ではこう言われます。「リハーサルは120%で本番は80%の力で行う」これは準備段階で限界以上のパフォーマンスをして本番では肩の荷を下ろしてリラックスをして実施しよう!っという意味です。それほど事前準備というのは非常に重要なことなのです。

さて前置きが長くなってしまいましたが、これはリフォームに関しても同じことが言えます。もちろんコンサートのように本番である工事をリラックスして中途半端ではいけません。しかし事前準備に関しましてはコンサートと同様です。つまり打ち合わせ段階ということになりますが、この打ち合わせをいい加減に進めてしまうと、納得のいく理想的なリフォームを完成させることは出来ません。打ち合わせはリフォーム会社の担当者と念入りに行うようにしてください。また打ち合わせでは貴方の意見を積極的に伝えるようにしてください。依頼主は貴方なのです。貴方はずっと住み続ける家なのですから、多少無理のありそうな要望だったとしましても、恥ずかしがらずに全て伝えるようにしてください。そして担当者と二人三脚でリフォームへ向けて準備を進めていきましょう。

そして打ち合わせの内容に勘違いが生じないように、打ち合わせで話していることは全てメモをするようにしてください。もし万が一リフォームで納得しない仕上がりになってしまった時、「打ち合わせではこうなるハズだった」と物的証拠になります。これは貴方だけではなく、リフォーム会社の担当者にも同じメモを取ってもらうようにしてください。

関連記事:
ナチュラルなマンションリフォーム
悪質なリフォーム会社の手口

キッチンリフォーム成功のポイント

本日は、キッチンリフォームで失敗しない為のポイントや必要な事をご紹介致します。

毎日使う場所、それがキッチンです。多くの人が「将来はドラマに出てくるような素晴らしいキッチンが欲しい」と考えたことがあることでしょう。しかし現実にはなかなか難しくその夢を叶えることが出来ていない人も多いです。でもキッチンのリフォームを選択すれば、気軽にその憧れを現実にすることが出来るのです。わざわざキッチンの為に、一戸建てを建て直したりする必要はありません。もちろんマンションなどの集合住宅でもある程度の制約はありますが、キッチンのリフォームは可能です。

それではそんなキッチンのリフォームについて考えてみましょう。キッチンというのは大きく分けて2つのタイプに区別することが出来ます。それが「オープンキッチン」と「クローズドキッチン」です。一昔前まではクローズドキッチンが一般的でしたが、今では圧倒的にオープンキッチンが人気となっています。元々クローズドキッチンだった自宅をリフォームでオープンキッチンにする方も増えているのです。

オープンキッチンにすることによって、家族のコミュニケーションが取りやすくなります。料理をしながら部屋全体を見渡すことが出来ますので、特に小さなお子様がいるようなご家庭では、安心することが出来ます。また広々とした空間によって、家族みんなで料理を楽しむことだって出来ます。このようにオープンキッチンには機能性だけではなく、様々なメリットがあるのです。

もちろんクローズドキッチンでは使い勝手悪いというワケではありません。料理スペースが完全に孤立していますので、油を使用している時などにはお子様を近付けないようにすることが出来ます。
今現在どんなキッチンだったとしても、リフォームは可能です。どのようなキッチンを作りたいのか?どんな料理をメインに行なっているのか?全体的な理想はどんなイメージなのか?などといったことをリフォーム業者に伝えて、念入りに計画を練っていくようにしましょう。

関連記事:
キッチンの壁紙リフォームのポイント
千葉のマンションリフォーム会社ランキング

使いやすさを考えたキッチンリフォーム

キッチンリフォームするならば、使いやすさはもちろん見た目の良さも考えていきましょう。最近のキッチンリフォームは、インテリア性にすぐれているのでまるで雑誌に出てくるようなおしゃれなキッチンを作ることが可能です。多くの主婦が、そのようなキッチンに憧れているのではないでしょうか。
主婦にとってキッチンは何よりも大切な場所なので、そこがリフォームされることにより毎日の料理作りにも力が入ります。お父さんや子供たちも、キッチンリフォームでさらにおいしい料理を食べることができるようになるでしょう。

家族とコミュニケーションを取りやすいキッチンにしたいならば、リビングやダイニングと繋がっているオープンタイプが良いでしょう。オープンタイプならば、子供たちが自然とお母さんの料理を手伝ってくれるかもしれません。
お母さんの作っている姿を見せるのも、子供の教育上大切なことではないでしょうか。

お友達を沢山呼ぶような場合もオープンタイプのキッチンならば、広々と楽しむことができるでしょう。導線にもこだわりを抱いてキッチンリフォームすることで、動きやすく料理の作りやすい聞きになります。さらには、掃除しやすい片付けやすいキッチンが実現することでしょう。

システムキッチンの場合色を選ぶことができるのはもちろん、高さ調節も可能です。身長の高い人、身長の低い人は自分に合わせてシステムキッチンを選びましょう。自分の身長ぴったりのシステムキッチンならば、料理を作っている時腰が痛くなってしまうような心配もありません。

開き戸の収納キッチンは多いですが、少し古いタイプになるのではないかと考えられます。
というのも、奥の物が取りにくいですし、掃除もやりにくいです。なので最近のキッチンでは、引き戸タイプの収納スペースになっていることが多いです。しまいやすいと、片付けやすいですし使いやすいですよね。

システムキッチンはデザイン性にもすぐれているので、自分の好きなタイプを選ぶと使いやすくてさらにインテリア性にもすぐれます。

関連記事:
キッチンリフォーム成功のポイント
キッチンの壁紙リフォームのポイント

千葉市リフォーム会社

キッチンの壁紙リフォームのポイント

本日はキッチンの壁紙をリフォームする際に重要なポイントについてご紹介させて頂きます。

キッチン等水回りの壁紙は水はねや汚れに強く、さらに消臭機能を持つものを選ぶといいです。
特に汚れに強いものを選ぶと、毎日のお手入れも簡単になるので主婦にとってはお掃除が楽になり、さらに清潔さを保つことができます。

デザイン的には、柄のある物を選ぶと、楽しく自分のオリジナルの個性的な空間に仕上がります。 リフォームをするにあたり、コーディネートするときはすでにある設備機器や衛生陶器などの色との相性を考えて行うことがうまくいくポイントです。 特にキッチンは油の飛びちりや調味料の飛びちりなどで料理の汚れがつきやすいところです。料理の汚れがつきやすいので、汚れ防止機能を持つものを使うことが大切です。

また煙や生ゴミのにおいなどが充満して湿気も多くなるところなので、消臭や揮発性の高い物を使うとさらによいです。調理で火を使うので、防火性能の高さもしっかりチェックしておくことも重要でしょう。その際の色を選ぶ際に、暖かみのある色を選ぶと落ち着いてお料理をすることができます。例えば淡い黄色やピンクなどです。 また赤や黄色などの明るい色を選ぶと楽しく過ごすことができます。しかしいくら好みの色があっても、基本的にはシステムキッチンと合う色の壁紙を選んだ方がきれいに仕上がります。

好きな色ばかりを選んでも、色どうしがけんかをしてしまい逆に落ち着きのないスペースになってしまうからです。 キッチンの扉と同じような色ならスペースの雰囲気がまとまります。しかしキッチンスペースはシステムキッチンはもちろんのこと、食器棚や冷蔵庫も置くので、見える壁の面積はそれほど広くとらない場合が多いです。大きい柄の壁紙より、無地やあっても小さめのすっきりとした柄のものを選ぶといいです。

リビング、ダイニングと続いた部屋になっているDK、LDKでは、両方同じ壁紙にする方が統一感があってすっきりとした印象になります。ダイニングを中心にして色を選ぶ場合は、食欲を増加させる効果のある薄いオレンジや黄色などの暖色系を選ぶといいですね。

関連記事:
キッチンリフォーム成功のポイント
壁紙リフォームでトラブルをおこさない為に