千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

千葉リフォームブログ

悪徳業者とトラブルにならない為に

建物の劣化が目立つようになり、リフォームが必要になると、自分では修理や補修ができない場所がありますので、業者に依頼して工事を行なってもらうことになります。しかし、リフォーム業者は、工事を行なう場所や規模などによって、依頼場所も異なるだけでなく、工事費や工事の仕方まで違います。

また、リフォーム工事では、問題がないわけでもありません。この業界では、悪徳業者の問題や不透明な工事費や工事内容のトラブルも多いとされています。
そのことから、問題も多い業界ともいわれています。そこで、リフォーム業者に依頼するときは、注意点がいくつかあります。

リフォーム業者であるなら、工事例があるはずです。そこで、工事を行なった人に聞いたり、リフォーム例を見るなどといったことを行なうこともようでしょう。
全国的な業者であるなら、インターネットに詳しい情報がありますので、会社のホームページ、評判を参考にすることができます。また、地元の業者を探すのであるなら、実施に工事を行なった住宅の人や工事にかかわった人に話を聞いたり、直接業者を探すこともよいでしょう。

実際に工事を行なわれた方の例等を口コミ等で確認する事もとても重要です。
千葉県内の情報を知りたいという方は、当サイトの情報を是非ご参考下さいね。

千葉リフォームブログ:
悪質なリフォーム会社の手口
リフォーム前の打ち合わせは重要です

リフォームの見積もり

リフォームを行おうと思った際に、心配になることにお金のことがあります。自己資金でいくら、借り入れでいくら、とある程度腹積もりしてリフォームの計画を進めていくのが一般的であると思います。

リフォームの際に重要となる物に「リフォームの見積書」があります。予定していた予算内に見積金額が収まっていれば安心できますし、ぎりぎりの場合は仕様を簡素化するか、借入額を増やすか悩ましいところであると思います。消費者が見積書に対して悩んだり、心配になったりする以上に、実は業者側も悩んだり心配になっています。
この金額で本当に受注できるのか、工事中にイレギュラーなことは発生しないだろうか、きちんとお金を払っくれるだろうか、など恐らく消費者以上に業者側は見積書に対して悩みます。

逆に軽く見積書を提出してきたり、支払い条件や説明が簡単なリフォーム店は注意した方がいいと考えられます。
その場合の担当者の心境としては、あまり詳しく話すとボケツをほったり、あれこれ質問されるとややこしいという気持ちがあるからです。

単に口下手だとしても、本当にリフォームをやる気があるのかどうかというのは、見積書に現れるものです。
業者さんからあまり説明してこない場合は、こちらからきちんと聞いていく責任があります。業者任せで、工事中や工事完了後にクレームを言うのは「正しい」と世間では思われているかもしれませんが、発注者にも発注責任はあります。

たとえリフォームについて素人でも、分からないこと、心配に思うことは確認しておく必要があります。
その上で、業者側にミスや嘘があった場合は、責任を追及することができると思います。
しかし、多少の思い違いや説明不足は工事の規模が大きくなればなるほど増えるものです。これを完璧なものに仕上げようと思うと、相当なストレスと時間、お金が両者にかかってきます。

多少のことは目をつぶる覚悟もリフォームには必要と言えるでしょう。重要なことは、業者さんのやる気や利益度外視の精神と思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
悪質なリフォーム会社の手口
ケアフルリフォームの口コミ

リノベーションの意味

リノベーションの意味は、よく「リフォーム」と混同されそうになりますが、ちょっと内容が違います。リフォームは、床を張り替えたり、キッチンや洗面を入れ替えたりする行為です。中には外壁を塗り替えたり、屋根の張り替えを行う方もいるでしょう。しかし、それらの行為は家の価値を著しく変える物ではありません。
それに対して、リノベーションは家の価値を著しく向上させることができます。必ずしも向上するという訳ではありませんが、ほとんどのケースで結果的にそうなっています。

建物の建設当時の価値を100とすると、リフォームでは100、110が限界といえそうです。それに対してリノベーションは、150、200と全く違う価値を生み出してくれます。
しかし、中古物件などを見ているとリノベーション物件といっても、リフォームしかしていない物件もあります。その「リフォーム」と「リノベーション」を見分けるポイントは、建物を0ベースにして改装したかどうかだと思います。あとは感覚的に感動があればリノベーション物件といってもよさそうに思います。ちなみにテレビで放映している「ビフォーアフター」はリノベーションといえるでしょう。
建物を柱のみにして、躯体の補強や減築や増築をして全く新しい家を想像しています。感動もあります。住み手にあった家作りがされていて、まったく新しい価値が創造されています。

マンションをリノベーションする場合でも同じで、住み手の個性に合った部屋作りが重要になります。
一人暮らしの方などは、できるだけ部屋を広く見せたいということから、浴室の壁をガラス張りにする方も中にはいます。防水工事が大変ですが、リビングとバスルームの境目が感じられずに広い空間の部屋を作ることに成功しています。

リフォームでは成し得ない、リノベーションならではの結果といえそうです。収納などもリノベーションは優れていて、壁から新しく作るので壁全部に棚を作ることもできます。本を並べたり、写真を飾ったり自分色の壁に仕上げることができます。
このように考えていくとリノベーションの意味というのは、建物と自分が一つになる、ということかもしれません。

千葉リフォームブログ関連記事:
リノベーション工事のメリット
戸建住宅のリノベーション

フローリングのリフォームのポイント

築年数が10年を超えてくると、どうしてもフローリングのキズや汚れが気になってくるものです。今日はそういったフローリングのリフォームのポイントについてご紹介致します。

中にはキズの個所から水が入り、腐食や変色が進むケースもあるでしょう。ワックスをかけているご家庭では、ワックスのムラが気になったりすると思います。できるならフローリングをリフォームして、建設当時のようなきれいな床で生活したいと思っている人も多いことでしょう。

実際のフローリングを張り替える現場では、フローリングだけというのは少ないようです。
良くあるケースが、キッチンの交換に合わせたり、内装リフォームに合わせたり、間取りの変更に合わせてフローリングをリフォームする傾向が多いようです。どうしても単体で工事するより、一度にいろいろしてしまった方が工事費用も安くつきますし、住んでいる人の手間も省けます。

定年退職した後のお宅などは、フローリングに無垢材を用いたりして今までとは違うフローリングに仕上げる方もいらっしゃいますし、ハイテク素材を採用する方も多いです。 ワンちゃんと一緒に暮らしている方は、ペット対応型のフローリングを採用するケースが目立つそうです。
2,30年前に比べて、フローリングの素材も多様化しており、それぞれの家庭にあった種類を選択できるようになっています。

フローリング選びの秘訣としては、必ずサンプル材を取り寄せて、確認することです。
お近くにショールームがない場合などでも、リフォーム店さんなどに相談するとたいていの種類を取り寄せてくれます。その上で種類を決める方が、満足のいく仕上がりになります。
フローリングのリフォームに合わせて床暖房の採用を検討している方も多いと思います。現在は電気式、温水式など様々なバージョンがありますので、ご自宅の給湯器なども含めて検討する方が良さそうです。
また床に断熱材を施工していない場合は、フローリング工事に合わせて断熱材も施工すると、より快適なお家を提供してくれると思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
リビングの床のリフォームについて
ナチュラルなマンションリフォーム

洗面所のリフォームの注意点

手軽にリフォームできて満足度の高いポイントに、洗面所があります。リフォームのチラシなどでも洗面所のリフォームは、安くPRされています。しかし、その値段ですべて終わるケースは少ないので注意です。確かに洗面台は60%オフなど格安になっているかもしれませんが、洗面台だけを変えてもリフォームの満足度は低いものです。

恐らく洗面台を交換したいと思うということは、洗面所の床や壁、天井も傷んできていると思います。またキャビネットなどの収納棚も収まりが悪くなって、使いにくくなっていると考えられます。そんな中で洗面台だけのリフォームを行うのは、ナンセンスです。どうせだったら、床や壁、天井、キャビネットもリフォームする方が、効率的と考えられます。リフォームの費用としては50万円から80万円程度で収まるケースが多いようです。
洗面台の大きさについては、今よりも大きい物の設置の方が好ましいケースが多いです。最近は電動歯ブラシや電動シェーバー、ドライヤーなど洗面所の周りにはたくさんの家電製品があります。それらをすっきりと収納しようと思うと、それなりの大きさが必要になります。
蛇口の形や照明の灯りにこだわって金額が上がるより、洗面台その物を大きいサイズにする方が効率的といえそうです。またドライヤーをした際にブレーカーが落ちるケースは、電気の増強工事も必要かもしれません。

床もリフォームする場合は、耐水性に優れているタイルなどもお勧めです。中でも塩ビ系のタイルは比較的安く、丈夫で、デザインも豊富になっています。東リなどのメーカーから販売されています。洗面所の壁をリフォームする場合は、タオルフックと手すりなどを考慮する必要があります。また洗面所は、お風呂の脱衣場を兼ねているケースも多いと思います。
機能的な収納と汚れた衣類の取り扱い性がポイントになってきます。このあたりは居住している人数や年齢層によって、いろいろと考えられると思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
理想的なキッチンリフォームを叶えるには
キッチンリフォームの際のメーカー選び

雨漏り修理の重要性

本日は、雨漏りの修理の重要性についてご案内致します。

一昔前の古い家では雨漏りは珍しくなく、よく桶や鍋を置いて雨漏りを受けていました。瓦の家では、台風で瓦の一部がずれたり、人が屋根の上に登ると瓦がずれて雨漏りの原因になっていました。そのために昔の人は、雨漏りに対して寛容な人が多いようです。 しかし、家にとって雨漏りは致命的なダメージに繋がります。家や屋根を支えている柱が腐食して、建物の耐久性が低下しますし、カビやシロアリなどの原因にもなりかねせん。もし雨漏りの疑いがあるならば、早急に対処することが勧められます。

また最近の住宅でも雨漏りは発生します。カラーベストやガルバリウム鋼板の屋根で、人が屋根に登らなくても雨漏りが発生する可能性はあります。それは屋根からの雨の侵入ではなくて、コーキング部やベランダ部などから雨水が侵入してくるパターンです。外壁にサイディングを使用している住宅では、外壁のつなぎ部分にコーキングが使用されています。コーキングは永久的なものではなくて、10年から15年に一度の更新が勧められています。長年放置しておくと、コーキングが乾いてひびが入り、そこから雨水が外壁つなぎ部分から侵入してきます。そして雨水は、内壁を通じて部屋に垂れてきます。 室内から見ると一見、屋根からの雨漏りのように思う場合もありますが、調べてみると外壁からだったというケースは珍しくはありません。

雨漏りは、一度発生するとほっておいても治ることはまずありません。 人間の虫歯と同じです。そのために、なるべく早い段階で修理をしておく方が安い費用で修繕ができます。2階建ての一般的な大きさの住宅で、コーキング施工を含む工事でだいたい100万円程度かかるようです。 屋根の補修の場合は、部分的な補修で済む場合は30万円から50万円程度、全体的なやり直しが必要な場合は100万円から180万円程度必要になってくるようです。 もちろん使用する屋根材や屋根の大きさによっても費用は前後しますので、一度リフォーム店さんや屋根屋さんに相談してみるといいかもしれません。

千葉リフォームブログ関連記事:
屋根のリフォーム時の値段
耐震補強のポイントと注意点

重要な外壁のリフォーム

家の中のリフォームに比べると後回しに考えがちな“外壁リフォーム”ですが、先延ばしにしておくとその分リスクも増えてしまいます。まず外壁には、吹き付けて塗装しているタイプとサイディングボードを貼りつけて施工しているタイプに分かれます。
目で見て塗装がはがれてきたり、ヒビがいったりしている場合は、なるべく早くリフォームした方が良さそうです。外壁が水を吸ったりして、傷みが激しくなってきて、外壁の役目を果たさなくなります。また外壁を手で触って塗料が突いたりするのも、塗り替え時のサインです。

一般的に外壁塗装の寿命は、アクリル系で6,7年、ウレタン系で8~10年、シリコン系で12~15年、フッ素系で15~20年程度といわれています。当然家が建てられている環境によっても寿命は異なり、海風が吹くところでは傷みやすいと考えられます。外壁の塗り替えにかかる費用は、一般的な2階建ての住宅で50万円~100万円程度といわれています。工事の際には、足場が組まれて、窓やエアコンの室外機などに塗料がかからないようにマスキングされます。工期は1週間程度あれば完了します。住宅地など隣の家と接近している場合は、塗料の臭いなどもありますので断っておいた方が良さそうです。

サイディングボードの家は、今あるサイディングの上から新たにサイディングを貼りつける工法が主流です。
短期間で外壁が生まれ変わり、中には断熱パネルを内蔵した物もありますので、家の断熱効果が高まります。

断熱材の厚さやサイディングのデザインによってコストは異なり、一般的な2階建て住宅で100万円から150万円程度で施工ができるようです。吹き付け塗装のリフォームに比べると割高ですが、断熱効果も期待できるのでコストパフォーマンスとしては納得のできるものだと思います。またサイディングボードの家は、外壁よりボードのつなぎ目が先に傷んできます。
通常はコーキングでつなぎ目を埋めていますが、10年から15年ほどで割れてきて雨水が壁の中に入る恐れがあります。そのためマメなコーキングの施工は必要です。

千葉リフォームブログ関連記事:
外壁の断熱リフォームのポイント
耐震強度を増すためのリフォーム

店舗の空間デザインについて

空間デザインは、駅や映画館、商業施設などの比較的大きい建物で活かされるデザイン性になります。建物と人、風、光、水と緑などをうまく調和させて、たくさん人が集まってもストレスを感じることなく快適に過ごせる空間づくりのことを一般的に指します。
近年では様々な技術が向上し、ビジネスシーンも洗礼されてきてこういった「空間デザイン」が注目を集めています。そんな「空間デザイン」の特徴を店舗にも取り入れる動きが活発化してきています。
特に飲食店の業界では、お店の付加価値を高めるために空間デザインを活用している事例が目立ちます。店内の一角に小さい庭を作ったり、水場を設けたりして店内の空間の良さを引き立てています。建物がテナントでない場合は工事に融通が利きやすく、中庭を設けたり、テラスをうまく活用するケース等も見受けられます。

空間デザインを意識した店舗の内装も、すべてに調和した素材や色を選定する必要があります。
これにはある程度の専門の知識や経験が必要で、設計担当者や施工業者さんに相談してみる方が無難かもしれません。雑誌などでかっこいい店内、おしゃれな店内をみてもコストが高くつくケースが多いです。上を見ればきりがありませんので、無理のない予算配分で検討していく必要があります。 しかし、空間デザインを意識すると、壁や床に安い材料を使うと全体的に安っぽく映ってしまうのも現実です。
完成度の高いお店を目指そうと思うと、それなりの出費も必要といえるでしょう。

店舗の内装で空間デザインを得意とする専門の業者さんは、現状少ない状況です。しかし、ある程度の経験がある業者さんや設計者さんであれば頼りになると思います。特に勤勉で前向きな若い業者さんは、新しいものに挑戦したり、取り組む意欲がありますので頼りになるケースも多いようです。
工事の相談先、依頼先というのは難しい選定ですが、こちらのコンセプトを明確にしたうえで探していけば、きっと良い結果が見つかると思いますよ。

千葉リフォームブログ関連記事:
和菓子店舗のデザインについてのポイント
自宅でお店を始めるためのリフォーム

美容室の内装をアンティーク調に

近年、街の至る所に美容室が出店しています。生活に余裕ができて、おしゃれにお金をかけることができている証拠といえるでしょう。そんな中、美容室間ではお客様の獲得にむけて激しい接戦が繰り広げられています。値段やポイント、サービスなどの拡充を図るには限界があり、マンパワーにも限界があります。
そうした中、最近はおしゃれなイメージの美容室から少し違うニュアンスの美容室が人気を集めています。例えばアンティーク調の美容室です。

今までの洗礼されたおしゃれ感とは違い、どこか和めるような落ち着いた、かわいらしい雰囲気を演出した美容室になります。お店ごとにコンセプトを設定しているところもあり、訪れる人を楽しませてくれます。イギリスの古いパブや昔のニューヨークの美容室をイメージしたもの等いろいろです。こうした店舗づくりの背景には、チェーン店と小規模店の差別化があります。小規模店は、値段やサービスではチェーンの美容室に太刀打ちするのが難しく、個人の力量によってお客さんを獲得、維持するしか方法がありませんでした。
しかし、今までとは違った特徴のあるお店づくりをすることによって新規のお客さんにも期待が持てます。比較的高い年齢層の人にも、アンティーク調はしっくりきて、来店しやすかったりして人気があるようです。チェーン店ではまだ、コスト的にアンティーク調のお店を作ることは難しく、小規模店の生き残りをかけた策といえます。

実際にかかるアンティーク調の内装費用は、30万円~50万円/坪といわれています。施工面積や設備の内容によって金額が変わることはもちろんですが、今までの内装費用と実はあまり変わらないのも事実です。このようなことから今、アンティーク調の美容室が注目を集めています。店内の椅子や照明、シャンプー台等も変わっていて、かわいらしく、家のインテリアの参考にもなると評判を呼んでいるようです。施工できる業者さんも現状はまだ少なく、ポイントとしては小回りが利く業者さんの方が良さそうに思います。

千葉リフォームブログ関連記事:
美容室の内装工事のポイント
自宅でお店を始めるためのリフォーム

太陽光発電の設置手続き

一般的な住宅に太陽光発電を設置する際の手続きは簡単です。まず設置費用の見積もりを業者さんから取得します。それから売買契約を結んで、工事に取り掛かります。 工事が終われば、施工業者立会いの下、余った電気を売るための手続きを電力会社と行います。そして各自治体に補助金の申請を行います。数ヵ月後に補助金が支払われる形になっています。基本的には太陽光発電の施工業者が手続きを勧めてくれるので、設置者としてはそれほど難しいことはありまん。

稀にある施工不良については、業者さんへ修繕の依頼を行います。運悪く、その会社が倒産した場合は、住宅瑕疵担保責任保険協会に直接連絡をして手続きを進める必要があります。施工業者がリフォーム工事瑕疵保険に加入していれば、倒産しても保険金が支払われます。こういったケースはないとは思いますが、知識と知っておくと安心できるものです。

太陽光発電を一般住宅でなく、事務所や工場に設置するケースも増えてきています。この場合は、発電量が10kWを超える場合が多く、上記とは手続きが変わってきます。発電量10kW以上100kW未満の場合は、補助金が受けられるかどうか管轄の団体に申し込む必要があります。その申請が受理されれば、設置費用に補助金を活用することができます。それから工事を行い、電力会社と余剰電力の売買手続きを行えば、発電した電気を売ることができます。但し、向上などに大量の太陽光パネルを設置する場合は、建物の強度の問題も発生します。古い工場では、補強工事をしないと太陽光パネルを搭載できないケースもあります。設備導入にあたっては、しっかりと検討する必要がありそうです。

農地に太陽光発電を設置する場合は、少し複雑になってきます。農地は農作物を作るという名目で固定資産税が安く設定されています。そのために、農地での太陽光発電は許可されていませんでしたが、2013年3月に「時転用許可」を申請すれば太陽光発電を行ってもいいようになりました。運用開始までには、各種手続きが必要となっています。

千葉リフォームブログ関連記事:
太陽光発電のリフォームが注目されています
地球環境に優しいリフォーム