千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

屋根にコロニアルを使うメリットデメリット

屋根にコロニアルを使うメリットデメリット

時代が変わる毎に住宅の仕様も大きく変わります。
そして住宅は年々進化してきており、最近ではスマートハウスと呼ばれている次世代型の住宅が注目されています。
住宅内の様々な環境をコンピュータによって制御されており、外出先からでも何かしらの信号を送り、様々な動作をコンピュータで行います。
まさに未来形とも言える住宅であり、さらに省エネ効果も非常に高いので地球環境にも優しい作りになっています。

そんな住宅事情の中、積極的にリフォームをされるご家庭が増加してきています。
リフォームの対象となる場所はそれぞれ異なっていますが、やはり東日本大地震の影響からか耐震性と免震性を重視したリフォームが注目されているようです。
近年の法改正によって耐震基準が変わり、これまでの基準よりもさらに厳しい基準に改定されました。
それによって、耐震基準を満たしていない住宅が増え、役場では無料で耐震診断を行ってくれます。
しかし何も耐震性だけでリフォームが注目されているワケではありません。
見た目のデザインと利便性を重要視したリフォームに興味を持っている方が多くいます。
その中でも屋根は非常に注目をしたいところです。

様々な屋根材がありますが、今最も使用されているのがコロニアルです。
軽量で施工性が非常に良いため、近年急速に広がってきています。ただそんなコロニアルにも欠点があり、それが耐久性です。
概ね10年に一度のメンテナンスが必要で、塗装工事をする必要があります。
またコロニアルの屋根自体に耐熱性がほとんど無いため、万が一の時には屋根が全焼してしまう可能性があります。
コロニアルのリフォームでは、主に重ね張り工法が一般的となっています。
この重ね張り工法というのは、既存の屋根材を撤去することなく、上から重ねていく工法です。撤去をする手間が無いために、その分工事費を抑えることが出来ます。
廃材が発生しないので、環境にも良い工法で、非常に経済的です。

千葉リフォームブログ関連記事
オフィスの内装工事をする際に
屋根のリフォーム時の値段

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)