千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

太陽光発電の設置手続き

太陽光発電の設置手続き

一般的な住宅に太陽光発電を設置する際の手続きは簡単です。まず設置費用の見積もりを業者さんから取得します。それから売買契約を結んで、工事に取り掛かります。 工事が終われば、施工業者立会いの下、余った電気を売るための手続きを電力会社と行います。そして各自治体に補助金の申請を行います。数ヵ月後に補助金が支払われる形になっています。基本的には太陽光発電の施工業者が手続きを勧めてくれるので、設置者としてはそれほど難しいことはありまん。

稀にある施工不良については、業者さんへ修繕の依頼を行います。運悪く、その会社が倒産した場合は、住宅瑕疵担保責任保険協会に直接連絡をして手続きを進める必要があります。施工業者がリフォーム工事瑕疵保険に加入していれば、倒産しても保険金が支払われます。こういったケースはないとは思いますが、知識と知っておくと安心できるものです。

太陽光発電を一般住宅でなく、事務所や工場に設置するケースも増えてきています。この場合は、発電量が10kWを超える場合が多く、上記とは手続きが変わってきます。発電量10kW以上100kW未満の場合は、補助金が受けられるかどうか管轄の団体に申し込む必要があります。その申請が受理されれば、設置費用に補助金を活用することができます。それから工事を行い、電力会社と余剰電力の売買手続きを行えば、発電した電気を売ることができます。但し、向上などに大量の太陽光パネルを設置する場合は、建物の強度の問題も発生します。古い工場では、補強工事をしないと太陽光パネルを搭載できないケースもあります。設備導入にあたっては、しっかりと検討する必要がありそうです。

農地に太陽光発電を設置する場合は、少し複雑になってきます。農地は農作物を作るという名目で固定資産税が安く設定されています。そのために、農地での太陽光発電は許可されていませんでしたが、2013年3月に「時転用許可」を申請すれば太陽光発電を行ってもいいようになりました。運用開始までには、各種手続きが必要となっています。

千葉リフォームブログ関連記事:
太陽光発電のリフォームが注目されています
地球環境に優しいリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)