千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

重要な外壁のリフォーム

重要な外壁のリフォーム

家の中のリフォームに比べると後回しに考えがちな“外壁リフォーム”ですが、先延ばしにしておくとその分リスクも増えてしまいます。まず外壁には、吹き付けて塗装しているタイプとサイディングボードを貼りつけて施工しているタイプに分かれます。
目で見て塗装がはがれてきたり、ヒビがいったりしている場合は、なるべく早くリフォームした方が良さそうです。外壁が水を吸ったりして、傷みが激しくなってきて、外壁の役目を果たさなくなります。また外壁を手で触って塗料が突いたりするのも、塗り替え時のサインです。

一般的に外壁塗装の寿命は、アクリル系で6,7年、ウレタン系で8~10年、シリコン系で12~15年、フッ素系で15~20年程度といわれています。当然家が建てられている環境によっても寿命は異なり、海風が吹くところでは傷みやすいと考えられます。外壁の塗り替えにかかる費用は、一般的な2階建ての住宅で50万円~100万円程度といわれています。工事の際には、足場が組まれて、窓やエアコンの室外機などに塗料がかからないようにマスキングされます。工期は1週間程度あれば完了します。住宅地など隣の家と接近している場合は、塗料の臭いなどもありますので断っておいた方が良さそうです。

サイディングボードの家は、今あるサイディングの上から新たにサイディングを貼りつける工法が主流です。
短期間で外壁が生まれ変わり、中には断熱パネルを内蔵した物もありますので、家の断熱効果が高まります。

断熱材の厚さやサイディングのデザインによってコストは異なり、一般的な2階建て住宅で100万円から150万円程度で施工ができるようです。吹き付け塗装のリフォームに比べると割高ですが、断熱効果も期待できるのでコストパフォーマンスとしては納得のできるものだと思います。またサイディングボードの家は、外壁よりボードのつなぎ目が先に傷んできます。
通常はコーキングでつなぎ目を埋めていますが、10年から15年ほどで割れてきて雨水が壁の中に入る恐れがあります。そのためマメなコーキングの施工は必要です。

千葉リフォームブログ関連記事:
外壁の断熱リフォームのポイント
耐震強度を増すためのリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)