千葉市リフォーム会社口コミランキング | 良い業者を一発検索!

千葉市で活躍されている、リフォーム会社の口コミランキングをこちらではご紹介させて頂いています。

事務所の内装工事の耐用年数

事務所の内装工事の耐用年数

ここでは、仮に貴方が自分の事務所を構えていて、その事務所の内装工事の耐用年数について簡単にご説明させていただきます。
まず新規に事務所を建てた時には、必ず耐用年数と呼ばれる数字が出てくるハズです。この耐用年数というのは、建物が何の材料を使って建てられているかによって異なってきます。例えば鉄筋鉄骨コンクリート造でしたら47年で、付帯設備は15年となります。実は新築段階で内装工事における具体的な耐用年数は書かれていません。っというよりも書く必要が無いからです。その理由は、建物自体の耐用年数に合わせる必要があるからです。つまり先述しました鉄筋鉄骨コンクリート造の事務所だった場合、内装工事の耐用年数も47年ということになります。

だからと言いましても、47年間も同じ内装で事務所を構えているのはほぼありえないことだと思います。老朽化の問題は耐用年数があるので心配ありませんが、何よりも長年使用していることにより、汚れが非常に目立ってきてしまいます。どんなに綺麗に扱っていたとしても汚れを完璧に防止することは出来ません。事務所なのですから、貴方だけではなく、その他の従業員やお客様などの出入りもあるワケですから、必然的に汚れが目立ってきます。つまり耐用年数を迎える前に、ほとんど内装工事をすることになります。

さて内装工事ですが、一つの建物として減価償却をしなければいけません。建物というのは定額法ですので、個人でしたら建物附属設備も定額法で行うのが一般的あり、償却率や償却方法が異なっているために、しっかりと区分する必要があるのです。 実際に内装工事をする際には、自分だけではどうしても無理ですので外部の業者に依頼をすることになります。簡単なプチリフォーム程度の工事でしたら、DIY感覚で個人でも可能ですが、水道管や電気系統、ガスなどといった専門的な内装工事の場合には、信頼することの出来る優良業者を探す必要があります。耐用年数の問題もありますので、口コミでも評判の業者に依頼をしましょう。

千葉リフォームブログ関連記事:
オフィスの内装工事はレイアウトを考えて
オフィスの内装工事をする際に

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)